CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 稲川淳二

稲川淳二

稲川淳二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

稲川 淳二(いながわ じゅんじ、本名:稲川 良彦(いながわ よしひこ)、1947年〈昭和22年〉8月21日 - )は、日本の俳優、工業デザイナー、YouTuber。怪談家。

東京都・渋谷区恵比寿出身で中目黒育ち。血液型はAB型。桑沢デザイン研究所専門学校研究科卒業。3人姉弟(姉1人弟1人)の長男。ユニJオフィース所属。

元お笑いタレントで、ラジオの深夜放送で人気を博し、テレビ番組のリポーターやリアクション芸人として活躍。また、ラジオ放送での怪談が好評を博し、以後「霊感タレント」としても活動している。トレードマークは口髭とマオカラースーツ(ただし口髭を剃っている時期もあった)。怪談トークの際の愛称は「座長」。

人物・エピソード

東京都中野区に在住。自身の工房は茨城県にある。

怪談の語り口は特徴的で、その独特の口調で聞く人に恐怖を味わわせている。タレントとしてだけではなく、テレビ番組などにデザイナーとしても出演することもある。

稲川の人柄の良さは業界内では有名で、「稲川の悪い話は聞かない」と言われるほどである。すこぶる温厚、ユーモアのある人柄でありつつ、壮大なサービス精神を持ち前にしており(生来のサービス精神と場持ちのよさから、学生時代から「コンパ屋」の異名をとっていた)、他人のためなら自分を傷つけていいと思っており(リアクション芸において垣間見ることが出来る)、絶大なるお人好しだという。ファンに対するサービス精神も旺盛で、頼まれもしないのにファンに怪談をエンドレスで聞かせ、マネージャーに止められることもしばしば。かなりの確率でファンレターに返事をすることでも有名。インターネット上では、ライブの際に控え室で記念撮影をしてもらったことなどが記されたブログもある。

2003年以降、稲川自身が心霊スポットに向かい、独自の“稲川節”と呼ばれる心霊に関する発想・発言や建築への造詣、突然倒れたり吐き出したりする映像が収録された“恐怖の現場”シリーズがネット上で人気を博している。

かつてはおしどり夫婦として妻(青森県弘前市出身)と共にテレビCMにも出演していたが、1990年の正月に妻が家からいなくなり、現在も別居中ではあるが淳二の事務所社長を務めており、本人いわく「給料を振り込む、込まれるだけの間柄」(『おはよう朝日です』水曜日にレギュラー出演していた時によくネタにされていた)。息子が2人いる。長男の稲川貴洋は俳優として活動中。2006年、ダイドーブレンドコーヒーのCMで、元プロ野球選手の新庄剛志と共演した。次男の由輝(ゆうき)は先天性疾患を持つ重度の身体障害者であり、2013年4月に逝去(享年26)。この経験から稲川は障害者支援活動に取り組んでいる(詳細後述)。

1985年8月12日、健康番組の『稲川淳二のためになる話』を東京で収録後、日本航空123便で大阪に移動する予定だったが、当日は立つのが辛いほど体調を崩していた。そこで翌朝に国鉄東海道新幹線のひかり号一番列車で大阪へ向かうようスケジュールを変更、当該便をキャンセルしたため、その墜落事故の難を逃れた。一方、友人で同番組を手伝っていた美容研究家の和田浩太郎は収録後、私用で大阪へ移動する際、羽田空港への到着が早かったためキャンセル待ちで当便に搭乗して犠牲になった。稲川本人はこのエピソードを「運命の分かれ目」「生涯忘れられない出来事」と語っている。

夏場の怪談ツアーの活動が知られるが、実際は冬にも怪談イベントを開催するほか、怪談話の取材・収集、工業デザイナーとしての仕事や障害に関する講演など、年間通して精力的な活動を行っている。怪談以外の活動にも注力するため、テレビ出演は夏場の怪談関係の仕事に絞っている。

障害者支援活動

次男の由輝は先天性の頭蓋骨形成異常を引き起こすクルーゾン氏症候群(Crouzon syndrome)という重度の身体障害者であり、2013年4月に逝去(享年26)。稲川は障害者の親として講演やボランティア活動にも取り組んでいる。また、厚生労働省が2005年に国会へ提出した「障害者自立支援法案」に反対の意思を表明している。

2021年、パラアーティスト(障害者アーティスト)による絵画を募集し、ウェブや書籍にて公開する「稲川芸術祭」を開催。

略歴

幼少時


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。