CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 滝口康彦

滝口康彦

滝口康彦



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

滝口 康彦(たきぐち やすひこ、1924年3月13日 - 2004年6月9日)は、日本の時代小説家である。本名は原口康彦(はらぐち やすひこ)。生涯のほとんどを佐賀県多久市で過ごし、旧藩時代の九州各地を舞台にした「士道」小説を数多く発表した。

人物・生涯

長崎県佐世保市万津町に生まれる。実父の死去、実母の再婚後、佐賀県多久市に移る(1933年)。尋常高等小学校卒業後、いくつかの職(郵便・運送・炭鉱)を経て、1957年(昭和32年)、『高柳父子』で作家デビュー。なお、戦時中に防府海軍通信学校を卒業している。また、戦後、レッドパージをうけて当時勤めていた炭鉱を解雇されている(滝口本人は共産党員ではなかったが、共産党員の親族がいた)。

佐賀県多久市に在住し、九州在住の時代小説家として、北九州市門司の古川薫、福岡市の白石一郎と並び称された。中でも古川とは親友だったことで知られる。

他の2人が受賞した直木三十五賞を滝口は受賞しなかったが、同賞候補として合計6回ノミネートされている。

2004年6月9日、急性循環不全のため死去。享年80歳。

受賞歴

太字は受賞

  • 1955年 『悲願の鬼』で第6回講談倶楽部賞佳作
  • 1956年 『青葉雨』で第8回オール讀物新人賞候補
  • 1957年 『高柳父子』で第10回オール讀物新人賞次席
  • 1957年 『雉子』で第10回講談倶楽部賞候補
  • 1957年 『高柳父子』で第38回直木三十五賞候補
  • 1958年 『源太が鼓』で第12回オール讀物新人賞候補
  • 1958年 『異聞浪人記』で第54回サンデー毎日大衆文芸に入選
  • 1959年 『水ヶ江落穂抄』で第14回オール讀物新人賞次席

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。