お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山口晃



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山口 晃(やまぐち あきら、1969年 - )は、日本の画家、現代美術家。

来歴

1969年東京都生まれ。群馬県桐生市で育つ。群馬県立桐生高等学校卒業。私立美術大学を一年で中退後、1994年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、1996年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。1997年、会田誠に誘われ「こたつ派」展に参加。2001年に岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞を受賞。2013年に『ヘンな日本美術史』で第12回小林秀雄賞を受賞。

大和絵や浮世絵のようなタッチで、非常に緻密に人物や建築物などを描き込む画風で知られる。武士を馬型のバイクに乗せたり、現代の超高層ビルに瓦屋根を載せて描くなど、作品の多くが自由でユーモラスな発想で描かれている。書籍の装丁や広告のポスターの原画も数多く手掛け、成田空港の出発ロビーなどにパブリックアートとして作品が設置されている。2012年に平等院にある養林庵書院に襖絵が奉納された。

主要取り扱い画廊は、ミヅマアートギャラリー。

主な作品

絵画

  • 洞穴の頼朝(1990年)
  • どぶ川のほとり(1991年)
  • 落馬(1991年)
  • 十字軍(1993年)
  • 今様遊楽圖(2000年)
  • 何かを造ル圖(2001年)
  • 胎内巡り圖(2004年)
  • 歌謡ショウ圖(2004年)
  • 東京圖 奨堕不楽乃段(2001年)
  • 東京圖 六本木昼圖(2002年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。