お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

田中俊行



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

田中 俊行(たなか としゆき、1951年(昭和26年)10月27日 - )は、三重県の政治家。第16代四日市市長。三重郡楠町現在の四日市市出身で現在は四日市市日永地区に在住。

略歴

  • 三重郡楠町出身(現在の四日市市楠地区)で、その後サラリーマン生活をするためや四日市市議会議員選挙に出馬するために楠町から四日市市日永地区に引っ越して四日市市民となり、現在は日永地区に在住している。三重郡楠町立楠小学校→三重郡楠町立楠中学校→四日市高校普通科→東京大学経済学部を卒業する。民主党系の労働組合の支持を受けて、民主党三重県連合の政調会長に就任している。JC(四日市青年会議所)所属であり、四日市青年会議所理事。四日市大学運営協議会の会長。1982年(昭和57年)11月に水平豊彦衆議院議員の公設秘書となり、54歳で水平が死去後に事務所から紹介されて、1985年(昭和60年)に斎藤十朗参議院議員の秘書となる。
  • 東京大学の学生時代から、同じ四日市南部出身の田中一族として、塩浜地区出身の政治家である田中覚(三重県知事と衆議院議員を歴任した政治家)と親戚関係があった事から、政治家修行をするようになる。自民党に所属していて、短期間の国会議員(1期)の任務についていた田中覚事務所の研修生となり、その後第1秘書になる。
  • 東京大学経済学部卒業後にサラリーマン生活を送るが、1988年(昭和63年)の四日市市議会議員の補欠選挙で日永地区出身の山口孝市議会議員から地盤を禅譲される形で出馬して、初当選して政治家となった。その後、(四日市市議会議員(3期)・新政みえ所属の三重県議会議員(2期))を歴任する。
  • 三重県議会議員を岡田克也の元秘書であった水谷正美(四日市市議)に譲り辞職する。その後、民主党の推薦候補として2008年(平成20年)11月30日に行われた四日市市長選挙に初当選する。同年12月24日、市長に就任した。2012年(平成24年)11月に再選される。
  • 2011年(平成23年)の三重県知事に立候補する津市長であった松田直久を、県内の他の6市町の首長(下記)と共に応援する政治団体の「日本の原点」結成を明らかにした。
    1. 鈴鹿市長・川岸光男
    2. 伊勢市長・鈴木健一
    3. 志摩市長・大口秀和
    4. 尾鷲市長・岩田昭人
    5. 菰野町長・石原正敬
    6. 明和町長・中井幸充
    • 1990年に四日市市マラソン訪米団の団長としてマラソン大会に出場する。四日市市の姉妹都市であるアメリカ合衆国のロングビーチ市を訪問する。
    • 2013年に三重県市長会の会長に就任する。東海市長会の会長に就任する。
    • 2014年に全国市長会副会長に就任する。全国市長会の少子化対策・子育て支援に関する研究会の座長に就任する。
    • ユマニテク歯科衛生専門学校の校長でもある。

    公約と政策

    • 四日市市を「四日市株式会社制度」に例えている。
    • 具体的に「四日市市長」を例えによると→「四日市株式会社の社長」としている。
    • 「四日市市民」を例えによると→「四日市株式会社の株主」としている。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席自由(前売):3,500円(税込)
    2019年11月30日 (土)
    ユーロライブ