お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ビビる大木



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ビビる 大木(ビビる おおき、1974年9月29日 - )は、日本のお笑いタレント。本名、大木 淳(おおき じゅん)。妻は歌手・AKINA。

埼玉県春日部市出身。ワタナベエンターテインメント所属。元ビビるのメンバー。血液型はO型。春日部市立谷原中学校、西武台千葉高等学校卒業。かすかべ親善大使。埼玉応援団コバトン倶楽部。ジョン万次郎資料館名誉館長。萩ふるさと大使。高知県観光特使。

プロフィール

1995年、大内登とともにお笑いコンビ「ビビる」を結成。担当は大木がボケ、大内がツッコミ。デビュー当時はテツandトモよりいち早くジャージを着用して活動。その後、「はじめまして、こんばんみ!!」「わっしょい!」のギャグがブレイクするなどし、バラエティ・コントなどに活動の場を広げていった。

2002年4月『ビビるの@llnightnippon.com』(ニッポン放送)にて大内が芸能界の表舞台からの引退を表明。大木はかつてのコンビ名「ビビる」の名残りを残して現在の芸名に改名し、ピン芸人となる。「ビビる」を芸名に冠したのは、大木によると、「ビビる」というユニットから1人が抜けただけ、とのことである。大内引退後はコンビ時代以上の活躍を見せ、多数のバラエティ番組に出演。バーター芸人と呼ばれることが多く、大木自身も所属事務所の先輩である「中山秀征のバーターです」とネタにすることもあるが、単独で番組出演することも増え、バーターから脱却しつつある。また、NHK総合テレビにレギュラー番組を持っているためか、お笑い芸人の中でもNHKの番組にゲスト出演する機会が極めて多い。

2010年10月 かすかべ親善大使(初代):春日部市の「合併5周年記念式典」で内山高志、増村紀一郎、茂木健一郎とともに委嘱。

2011年、テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが発表した『2011タレント番組出演本数ランキング』で、大木は496本で2位となった。

2013年4月1日、ジョン万次郎資料館の名誉館長に就任した。雑司ヶ谷霊園の墓地に就任の報告をしている。

2013年5月14日、かねてから交際していたAKINAと同年4月30日に結婚したことが報じられた。

2015年4月5日、妻のAKINAが第1子を妊娠中であることを明らかにした(妊娠5か月)。8月27日に第1子の女児が誕生。

人物

  • 歴史好きであり、特に幕末時代の史実に詳しく、坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作らを崇拝している。
  • プロ野球・読売ジャイアンツの大ファンであり、本人曰く「巨人ファンというより“巨人軍(の一員)”」だという。事務所の後輩で同じく巨人ファンの中村昌也とも東京ドームに一緒に観戦に行ったことがある。
  • プロレス好き、特に全日本プロレスのジャンボ鶴田のファンで鶴田の右手を突き上げて「オー!」と叫んでアピールするものまねが得意。
  • 草?剛とは幼少時代に親交があり、幼稚園から中学校までは一緒で、少年野球チームでは2軍で大木が一塁手、草?が捕手であった。
  • 同い年で芸歴がほぼ近い有吉弘行と仲が良く、Twitter上でもよくやり取りをしている。ちなみに大木は有吉を「アリ」と呼び、有吉は大木を「じゅん」と呼んでいる。また、劇団ひとりとは、ひとりが本名(川島省吾)名義の時から仕事が一緒になることが多かったため、大木はひとりを「省吾」と呼び、ひとりは大木を「大木」と呼んでいる。
  • 自身の一番好きな女性アナウンサーとして、久保田智子の名前を挙げている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。