お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

キック



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蹴り技(けりわざ)は、格闘技、武道、武術において様々な方向へ脚を繰り出すことにより攻撃と防禦を行う技術の総称である。キック足技蹴撃技とも呼ばれる。

概要

基本的には立ち位置から片方の足を相手めがけて繰り出し、打撃を与えるものであるが、跳躍して足を当てる蹴り方(飛び蹴り)、両足を揃えて相手に当てる蹴り方(ドロップキック)、寝た状態で足を払う蹴り方(掃腿)、敵の脛や膝の骨を踏み折るなどといった変則的な方法もある。倒れた相手を踏みつけることも蹴りの一種に入る。また、狙う部位については金的蹴りなどの急所を狙うものもある。

足は手よりもリーチがあり、常に体重を支えていることから腕の数倍の力があるため、手技よりも足技の方が威力が大きい。その反面、手ほど自由に動かせないので精度に欠ける立ち位置から蹴り技を放つ際には軸足のみで一本足立ちの状態になるためバランスを失しやすい、などという欠点がある。

足技を主体にした武術、格闘技にはムエタイ、サバット、テコンドー、カポエイラ、低い位置での足技を多く使う『擢脚』、中国武術の八卦掌等がある。空手、中国拳法においても重要な攻撃方法である。一方、ボクシングのように蹴りが原則として認められていない格闘技もある。

種類

前蹴り・突き蹴り・押し蹴り
前蹴りには上段・中段・下段とあり、一旦膝を突き上げてから足の指を反らせた足の裏で蹴る。前蹴りは空手、ムエタイ、キックボクシング等で相手との距離をとる目的等で使われる。
後ろ蹴り・逆蹴り・後ろ当て
上段・中段・下段とあり、バックキックとも呼ばれる。足の裏全体を攻撃する部位(レバーまたは相手の顎等)に当てるようにするよりもかかとを攻撃する部位に当てるようにすると相手によりダメージを与えることができる。
後ろ蹴りでレバーを蹴る際、足を伸ばした状態で蹴るよりも足を曲げたまま蹴りを当てた方が威力が増大する。
横蹴り・踏み蹴り・唐竹蹴り
上段・中段・下段とあり、相手に対して自分が横向きになって蹴る。
かかとで蹴る方法と足刀(指の根元からかかとにかけての足の外側部分)で蹴る方法がある。リーチ差のある相手にも有効な攻撃である。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:3,000円(税込)
2019年10月18日 (金)
原宿アコスタディオ