お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

愛加あゆ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

愛加 あゆ(まなか あゆ、1987年10月18日 - )は、日本の女優。宝塚歌劇団の雪組でトップ娘役を務めた。

富山県富山市出身で、「あゆ」「あゆっち」「れな」の愛称で親しまれる。星組トップ娘役を務めた夢咲ねねは姉である。

所属事務所は、ワタナベエンターテインメント。

来歴

「赤咲伶奈」の芸名でクィーンズアベニューに所属し、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』、『高校教師』などのテレビドラマにも出演した。

姉が中学校の修学旅行で宝塚歌劇を観劇し、感動の余韻から宝塚のビデオを借りて2人で熱中した。当時はすでに芸能界で活動していたが、宝塚歌劇を目指して宝塚受験支援スタジオで習練し、中学卒業時に受験して合格した。三森すずこは、同じ支援スタジオに通所していたことから今も交流がある。

2003年に、宝塚音楽学校へ91期生として入学する。

2005年に、宝塚音楽学校を卒業して取材に「映美くらら・花總まりを目標にしたい」と答え、同時に4番の成績で宝塚歌劇団へ入団する。同期生に宙組でトップ娘役を務めた野々すみ花、当時は冴輝ちはやで現在は声優の森なな子、稀鳥まりや、藤咲えりらがいる。花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだのちに雪組へ配属される。

2007年7月1日から1年間、1年先輩の梓晴輝とともに、1年間TAKARAZUKA SKY STAGE第6期スカイフェアリーズを務めた。

2009年8月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!』で新人公演初ヒロインを務める。

2010年1月、TAKARAZUKA SKY STAGEの旅番組である『阪急・浪漫沿線』でトップバッターを務める。10月にトップスターである音月桂のプレお披露目公演『はじめて愛した』でヒロインのレイチェル役を演じる。

2012年12月25日に、壮一帆の相手役として雪組トップ娘役に就任する。お披露目公演は中日劇場が『若き日の唄は忘れじ/Shining Rhythm!−新たなる誕生−』で、宝塚大劇場は『ベルサイユのばら−フェルゼン編−』であった。姉妹が共にトップ娘役に就いたことは宝塚歌劇団の歴史上初めてであった。

2014年に、『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』の東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団した。

2015年に、『ON AIR 夜間飛行』で宝塚退団後に舞台初出演し、3月からワタナベエンターテインメントに所属する。

2017年に、「とやまふるさと大使」に任命される。「日本健康マスター検定」に合格する。

子役時代

テレビドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。