CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 藤野涼子

藤野涼子

藤野涼子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤野 涼子(ふじの りょうこ、2000年〈平成12年〉2月2日 - )は、日本の女優。本名非公開。

神奈川県出身。ケイファクトリー所属。

2015年公開(2014年制作)の映画『ソロモンの偽証』で主演デビューした。芸名は同映画で演じた役名と同じである。

略歴

2000年、神奈川県に生まれ一人っ子として育つ。

2011年の10月、小学5年生の頃、お笑いタレントのイモトアヤコに憧れ、「テレビに出たかった」という理由で芸能事務所に所属する。

2014年、公立中学校在学中14歳の時、宮部みゆきのミステリー大作を原作とし、松竹による前後編2部作として製作された成島出監督の映画『ソロモンの偽証』にて、メインキャストとなる中学生役に応募し、「日本映画最大規模」とされた半年間のオーディションに参加した約1万人の中から主人公の藤野涼子役に抜擢された。当時はテアトルアカデミー所属で、デビュー時点で藤野は演技経験がほとんどなく、出演経験があるのはエキストラのみでオーディションもわずか3度目であった。主演発表にあたって、映画のプロデューサーと監督から役名と同じ名でデビューしてはというアイデアが出され、原作小説の生みの親である宮部からも「二つ返事」でOKを受けてこの名を芸名とした。

2016年、映画『ソロモンの偽証』での演技が評価され、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞など多数の新人賞を受賞。

同年、テアトルアカデミーからケイファクトリーへ移籍。

2017年、福岡発地域ドラマ『たからのとき』(NHK)でテレビドラマ初出演。同年5月、『ひよっこ』で主人公の同僚役を演じ、NHK連続テレビ小説初出演。

2018年3月1日、高校を卒業。今後は進学せず女優業に専念する。

同年12月15日公開(2016年制作)の映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』で主演を務め、時代劇に初挑戦。

2019年、『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)に、オーディションを経て、ゲイの同級生に恋をする腐女子の高校生・三浦紗枝役で出演。同作の内容が話題を呼び、同年6月度のギャラクシー賞月間賞を受賞。また、自身もリアリティのある演技が評価され、コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を受賞する。

同年11月、二兎社『私たちは何も知らない』で初舞台を踏む。

2021年、『青天を衝け』でNHK大河ドラマ初出演。主人公・渋沢栄一の妹・てい役を演じた。

人物

趣味は読書、映画観賞、編み物で、お笑いや寺巡りも好む。

好きな俳優は西島秀俊、香川照之、ジョニー・デップで、映画女優としての目標・憧れの女優は吉永小百合、オードリー・ヘプバーン。

好きなタレントはイモトアヤコ。2015年、映画『ソロモンの偽証』のスポットCMにイモトが出演した際、スタッフの計らいで対面を果たした。それを受けて藤野が号泣する一幕もあった。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
A席:7,700円
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年11月2日 (水) 〜
2022年11月20日 (日)
新国立劇場
小劇場

取扱中の公演
一般販売
な!

<トクベツ価格>
【特別割引通し券・A席】:13,800円(税込)

『私の一ヶ月』A席:7,700円
『夜明けの寄り鯨』A席:7,700円
⇒正価合計15,400円のところ、セットで買うと約10%OFF!

【特別割引通し券・A席】
※本券は引換券です。『私の一ヶ月』ご観劇日当日、開演45分前以降に
 新国立劇場小劇場ボックスオフィス(地下1階)にて
 2演目の座席指定券をお渡しいたします。
※複数セット数をお求めの方は全員分を同時にお引き換えください。
※いずれも全席指定・税込

<通し券特典>
@8列目以内の良席保証(席番は選べません)
Aプログラム売場で使えるクーポン(500円×2枚)
※当日劇場でお渡しします。

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年11月2日 (水) 〜
2022年12月18日 (日)
新国立劇場
小劇場