お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

若松俊秀



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

若松 俊秀(わかまつ としひで、1965年12月6日 - )は、日本の俳優。本名同じ。ケィ☆サイド所属。以前は東京宝映テレビに所属していた。

宮崎県出身。身長177cm。血液型はA型。

人物・略歴

高校時代は生徒会の副会長や剣道部の主将をやっており、先生に「お前の場所を空けておくから、体育の教師になって戻って来い」と言われていたことからそのために上京したが、劇団にスカウトされて映画や演劇の魅力に目覚め、1985年、東京宝映テレビの研究生となり俳優活動を開始。1990年5月、青山円形劇場にて舞台『チャンピオン』に臨み、これをきっかけに役者として本格的に活動を始める。

スーパー戦隊シリーズ第15作『鳥人戦隊ジェットマン』(1991年2月から1992年2月、テレビ朝日系列)で結城凱 / ブラックコンドルを演じ、人気を集めた。

2011年のスーパー戦隊シリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』に井上敏樹からのオファーを受け、9月4日の放送回で1992年以来、19年ぶりに結城凱を演じた。若松の希望でブラックコンドルのスーツアクターを『ジェットマン』当時と同じ大藤直樹が担当している。

既婚者で一男がいる。子供ができたことをきっかけにタバコはやめたが、『豪快演義』で井上からその事を冗談交じりに批判された。理由は「凱と言えば『酒とタバコ』」との事。兄弟は二歳年上の兄がいる。

趣味はサーフィン、絵画、乗馬。特技は剣道三段、柔道初段、空手、合気道。サーフィンを知るきっかけは『ジェットマン』で天堂竜 / レッドホーク役を演じた田中弘太郎から教わったという。その後も時間を見つけては、田中とサーフィンに出掛けている。

エピソード

  • 少年時代は自身曰く、「『となりのトトロ』のメイを男にしたような子供」で「誰かの後ろから付いていく」タイプだった。
  • 中一の時の初恋の時に恥ずかしくて告白できなかったのがトラウマとなり、あえて女子のいない工業高校に進学している。
  • 上京後、深夜にテレビでやっていた映画『宮本武蔵』を観てこんな映画を撮りたいと思うようになるが、作りたいと考えているだけではなくまずは出てみようと考えるようになり、俳優の道へと進んだ。
  • デビュー作となった舞台『チャンピオン』では、当初はラガーマンの役と伝えられていたため体を鍛えて体重が75キログラムになっていたが、実際には悩み多きフェザー級ボクサーの役であったため、階級のウェイト上限である57キログラムまで一気に18キログラムを落とすこととなった。若松自身は、体育会系の人間なのでストイックに体重を落とすことに苦労はなかったと述べている。
  • 1996年2月12日放送『名探偵コナン』第6話「バレンタイン殺人事件」で「若松俊秀」というキャラクターが登場している。この回はアニメオリジナルストーリーで脚本は『鳥人戦隊ジェットマン』の井上敏樹であり、キャラクター名は若松本人から来ている。
  • 子どもの頃に好きだった特撮作品は『仮面ライダー』『仮面ライダーV3』『仮面ライダーアマゾン』で、特にアマゾンには熱中していた。

『ジェットマン』関連のエピソード

オーディションでは、監督の雨宮慶太や脚本家の井上敏樹ら審査員と年齢が近かったこともあり話が合い、海外ドラマや黒澤映画の話などで盛り上がったという。後に井上からは、最初からブラックに決まっていたと言われている。また、雨宮は凱のメイン回は自身が担当すると宣言していたという。

演じた結城凱について、人間味が溢れ共感できる部分の多い好漢だと述べており、演技については凱が自身の中に降りてくる感覚で役になりきっていたという。共演者の岸田里佳は、若松と凱の共通点を「ドS」と評していた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。