お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

オリエンタルラジオ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

オリエンタルラジオ(略称:オリラジ)は、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。東京NSC10期生。リズム芸『武勇伝』でデビュー後すぐブレイクを果たし、冠番組を史上最速で持った。2014年よりダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHとしても活動している。

メンバー

  • 中田 敦彦(なかた あつひこ、本名:なかだ あつひこ、1982年(昭和57年)9月27日(37歳)- )
ボケ担当。大阪府高槻市出身、慶應義塾大学経済学部卒業。愛称は「あっちゃん」。
デビュー当初のキャッチコピーは「理想武装SEXYモアイ」。
RADIO FISH活動時の肩書きは「御神体」で、主に中心に立ってパフォーマンスや歌唱を行う。2019年よりYouTubeでの活動を主軸としている。
  • 藤森 慎吾(ふじもり しんご、1983年(昭和58年)3月17日(37歳)- )
ツッコミ担当。長野県諏訪市出身、明治大学政治経済学部卒業。愛称は「しんご」「チャラしんご」。デビュー当初のキャッチコピーは「関東一の媚売り眼鏡」。
「チャラ男」としてのキャラクターが定着しており、「チャラメガネ」という愛称もついている。
RADIO FISH活動時の肩書きは「SHAMAN」で、メインボーカルを務める。その他、俳優としても活動している。

概要

中田と藤森は自動車事故の受付のオペレーターのアルバイトで知り合う。互いを知り合う内に、元々お笑い好きだった中田の影響を受けた藤森が逆に中田を誘う形で、大学に通いながらNSCへ入学することとなる。

コンビ名はNSC入学当初は「中田藤森」と仮で名乗っていた。「オリエンタルラジオ」は「オリエンタル」を中田が持ち寄った言葉の中から選び、「ラジオ」を藤森が持ち寄った言葉から選んだ。また中田が自動車保険販売業を営む父親に「良い車の名前にはラ行 (ラ・リ・ル・レ・ロ) の文字が入っている」(例:カ、センチュー、プジデント等) と言われ、「自分もコンビ名にはラ行を入れたい」と思いラ行が3文字入っている「オエンタルラジオ」としたという。また「オリエンタルラジオ」をネット検索にかけたところ、1件もヒットしなかった事も理由の1つである。他の候補として「アンディーシンディー」が上がったこともあるが、略したときに「アンシン」=「安心」となってしまいイメージが違うと没となった。NSC入学前に一度中野twlにてアマチュアとして舞台に立った際には「fishboy」と名乗っていた。

2004年12月NSC在学中に関わらずM-1グランプリ準決勝進出。2005年4月にTBS系『ゲンセキ』にてテレビデビュー。「武勇伝」ネタを主な芸風として活動し、大ブレイクを果たす。NSC卒業するまでの結成の経緯などについては、中田の自伝的小説『芸人前夜』が詳しい。

ブレイクをきっかけにデビュー3年で冠番組を含むレギュラー番組を10本獲得する。ラジオではニッポン放送『オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR』を芸歴1年で担当。生放送中に掴み合いの喧嘩をする回は、後に伝説回とされ、爆笑問題やハライチから未だに話題に出されることがある。しかしそれから3年で『いいとも』以外の全ての全国ネット地上波レギュラー番組を失う。その後はコンビ2人で1年間かけて山林を開墾し農業に挑むといった体を張った企画にもチャレンジするものの、企画がほとんどオンエアされない (1年ロケをしてオンエアされたのは2時間程度) など不遇の時代を迎える。その間コンビとしての出演以外にそれぞれ単独で出演していく中で中田が "オタク・インテリ" キャラ、藤森が "チャラ男" キャラを確立、2011年に再ブレイクを果たした。2015年には後輩である8.6秒バズーカーのネタを完コピした事が話題となり、2016年には後述するRADIO FISH名義での楽曲「PERFECT HUMAN」でブレイクし、目標として掲げていた第67回NHK紅白歌合戦への出場を果たした。

2014年より中田の実弟であるFISHBOYらと共にダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHを結成し、以降ネタ番組やライブでは主にRADIO FISHとしてのパフォーマンスを披露している。

芸風

コンビのネタとしては前述の「武勇伝」ネタが有名だが、通常の掛け合い漫才やコントも行う。

「武勇伝」ネタ

コンビの代名詞とも言えるネタ。全身を使った軽快なジェスチャーを交えつつテンポよく七五調でしゃべり、中田が話す「武勇伝」に藤森が合いの手で茶々を入れたりオチを言ったりして笑いを取る。いわゆる「リズム芸」に分類される芸風である。最初のM-1は「武勇伝」で出場し、準決勝まで勝ちあがった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。