お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケッツトゥデイ3周年

品川庄司



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

品川庄司(しながわしょうじ)は、日本のお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。通称は品庄(しなしょう)。

メンバー

  • 品川 祐(しながわ ひろし、1972年4月26日 - )ボケ担当。
    46歳。身長173cm。立ち位置は向かって左。
作家・映画監督では「品川ヒロシ」名義で活動。既婚で1女の父。
  • 庄司 智春(しょうじ ともはる、1976年1月1日 - )ツッコミ担当。
    42歳。身長176.5cm。立ち位置は向かって右。
    妻は元モーニング娘。の藤本美貴。1男1女の父。

コンビについて

  • 2人共に吉本総合芸能学院東京校(東京NSC)で出会い、1995年コンビ結成。
  • コンビ名の由来は単純に二人の名字をあわせたもの。
    • 当初は「オレンジジュース」が候補に挙がっており、ほぼそのコンビ名で決まりかけていたが、決めかけた翌日に「何か違う」「『オレジュー』とか略されるんじゃないか」と考えが変わり、結局「品川庄司」にした。
    • 「品川庄司」という語感からピン芸人、あるいは会社名(品川商事)と誤解されることもある。
    • 略称は一般的に「品庄(しなしょう)」。
  • ネタは主にしゃべくり漫才。品川のボケを庄司が的確にツッコミを入れるスタイルである。結成初期はコントが中心であったが、人気が出ず、漫才を中心に活動を始めてから頭角を現す。なお、現在も、ライブを中心に、コントを行うことがある。ネタの台本のほとんどを品川が作成している。品川によると、庄司に漫才ネタを書いて貰ったところ、二人でやるネタなのに登場人物が三人になっていた為、その後はすべて品川が台本を書くようになった。
  • 『爆笑オンエアバトル』にも出場経験がある。通算戦績7戦6勝。第3回チャンピオン大会では自身初、更にチャンピオン大会初のオーバー500を達成しファイナル進出を果たしたが、ボール2個差でルート33に敗れチャンピオンを逃した。
  • 中川家・麒麟・次長課長・ペナルティ・おぎやはぎらと共に現在の若手お笑い芸人ブーム到来よりも数年前(2000年代前半)に売れたため、「自分達はお笑いブームに上手く乗れていない」と発言することがある。だが、雛壇芸人として活躍しており、ゲスト出演も多い。そのため、決して勢いだけではなく、お笑いブームの中で安定している芸人である。
  • 2000年、わらいのじかんの若手芸人のコーナーに出演した際、無名ながらダウンタウンの目に止まり、後日『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の前説に抜擢された。
  • M-1グランプリは2002・04年と準決勝で敗退(2001・03年は参加見送)。結成10年目の2005年大会で初めて決勝進出を果たした。若手の登竜門だったM-1にすでに単独ライブや冠番組を多数経験していた人気芸人が出場したのは当時は異例だった。結果は4位で最終決戦進出は逃したものの、審査員の島田洋七から「番組が盛り上がる」、島田紳助から「10年目だけあって稽古量が伝わってきて感動した」と高評価を受けた。
  • 典型的なコンビ仲の悪いコンビであり、品川が小説「ドロップ」など個人の活動が活発になった際、コンビ仲が険悪になり、『めちゃ×2イケてるッ!』に宣伝のために出演した際には、収録中のやりとりを巡って収録後に殴り合いのケンカに発展した。一方、映画「ドロップ」公開後はメールで感想のやりとりをする程コンビ仲が改善されたともされる。品川は小説や映画の仕事にさらにやる気を出し、コンビとしての新しいネタを書くことは減少。庄司は、結婚を機に、ピン芸人としてネタを披露する機会が増え、特に庄司の嫁である「ミキティー!」と叫ぶことはギャグと化している。また、R-1ぐらんぷり出場にも意欲を見せた。また、品川が庄司の特徴である筋肉キャラ・イケメンキャラにも浸食しつつある。

現在の出演番組


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。