お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Go Toイベントキャンペーンでおトクに楽しもう!

野村萬



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

野村 萬(のむら まん、1930年(昭和5年)1月10日 - )は、日本の狂言方和泉流能楽師。勲等は文化勲章。公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長、公益社団法人能楽協会顧問、日本芸術院会員、文化功労者。旧名に四世 野村 万之丞(よんせい のむら まんのじょう)、七世 野村 万蔵(しちせい のむら まんぞう)。本名は野村 太良(のむら たろう)。

社団法人能楽協会理事長などを歴任した。

来歴

狂言方能楽師として

六世野村万蔵の長男として東京府に生まれる。太平洋戦争後、弟である二世野村万作とともに狂言のみならず現代演劇や前衛演劇に出演するほか、『おしん』や『翔ぶが如く』などテレビドラマにも出演した。その一方で、小学校やホールでの公演も重ね、狂言の一般的普及に大きく貢献した。現在も多くの舞台で活躍し、後進の育成にも力を注いでいる。

1950年以来、長らく四世野村万之丞を名乗っていたが、1993年に七世野村万蔵を襲名した。2000年に初世野村萬に改名する。2012年に皇太子徳仁親王、秋篠宮文仁親王、黒田清子らの企画で美智子皇后の喜寿を祝う夕食会が催された際には、東宮御所にて皇族らの前で『蝸牛』を披露した。

その他の公的活動

日本のさまざまな芸能実演家団体を束ねる日本芸能実演家団体協議会にて会長を務めており、在任中に公益社団法人への移行を果たした。また、日本の能楽師が加盟する能楽協会の理事長も務めており、こちらも同様に公益社団法人化を果たした。

顕彰

1997年に重要無形文化財の各個認定を受けている(人間国宝)ほか、日本芸術院会員に選出され、また文化功労者として顕彰されている。そのほか、東京都名誉都民の称号を贈られている。2018年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを受章している。2019年には文化勲章を受賞。

家族・親族

子に八世野村万蔵(五世野村万之丞)、九世野村万蔵(二世野村与十郎)。弟に野村万作、野村四郎、野村万之介。孫に六世野村万之丞(虎之介、九世万蔵長男)。縁戚関係にある著名人は多数いるが、ここでは民法上の親族に該当する者のみ列挙する。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。