お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

前川和也



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前川 和也(まえかわ かずや、1968年3月22日 - )は、長崎県平戸市出身の元サッカー日本代表選手(GK)、サッカー指導者。現FCバイエルン・ツネイシ監督。息子の前川黛也もサッカー選手。

人物

現役時代は、大きな体格を活かしたセービングが得意なゴールキーパー。特に相手との1対1の場面でのセービングは見事なもので、抜群の飛び出しで決定的な場面から何度もチームを救った。シュートに対する反応も特筆ものでPKセーブにも強く、またハイボールの処理も巧みにこなした。その様は「生きている壁」と形容されるほどだった。その人柄からサポーターに愛され、広島退団時には多くのサポーターが涙した。

来歴

長崎県立平戸高等学校では3年生だった1985年度(第64回大会)高校サッカー選手権に出場。同年の同大会長崎県予選では小嶺忠敏監督が率いる長崎県立国見高等学校と対戦し、32本のシュートを浴びながらも完封して、1本のシュートを決めた母校を勝利に導いた。この時、同学年だった国見のFWが、後に広島でチームメイトとなった高木琢也である。

高校卒業後の1986年に島卓視や横内昭展らと共にマツダSCへ入団。GKコーチであったディド・ハーフナーから指導を受け徐々に頭角をあらわし正GKに。1989年-1990年のJSLおよび1990年-1991年のJSLではJSL2部ベスト11に輝いている。

1992年にチームがJリーグのサンフレッチェ広島として発足すると正GKとして活躍。しかし怪我が多く、長期欠場することも多かったため、控えGKだった河野和正が試合に出ることがかなりあった。1994年のチャンピオンシップでは2試合とも出場がかなわなかった。

代表では、1992年に日本代表に初選出され17試合に出場。1992年アジアカップでは、準決勝の中国戦で退場した松永成立に代わり急遽出場、トンネルというミスでゴールを献上するという大失態を犯したが、決勝では安定した好プレーを見せ日本代表の初優勝に貢献した。また「ドーハの悲劇」もベンチで経験した。

一方クラブチームでは、1997年まで正GKの地位を守るが、1998年に古傷の肩の手術を決行。出場機会を得た下田崇がレギュラーを奪ってしまったため出場機会が激減、2000年に大分トリニータへ出場機会を求めて移籍した。そのときの涙ながらの移籍発表会見は今でもサポーターの語り草となっている。大分では正GKとして活躍し、翌2001年に完全移籍、同年引退。

2002年から大分トリニータの事業部で営業や試合の運営の手伝い、強化クラスなど様々なことをしていた。

2006年よりサンフレッチェ広島の提携スクールの一つであるサンフレッチェ常石サッカースクールのコーチに就任、またGKクリニックのコーチとしても活躍している。2009年から常石ジュニアユース監督、2012年提携先をバイエルン・ミュンヘンに変えたことによりFCバイエルン・ツネイシ監督。またスカパー!のJリーグ中継の解説を務める。

2019年には初孫(息子・黛也の長男)が誕生した。

略歴

ユース歴


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。