お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

菅原洋一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

菅原 洋一(すがわら よういち、1933年(昭和8年8月21日 - )は日本の歌手。兵庫県加古川市出身。兵庫県立加古川東高等学校卒業。国立音楽大学大学院修了。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。所属事務所はミュージック・オフィス合田、個人事務所はスガワラ企画。

経歴

  • 国立音楽大学卒業後、1958年にタンゴバンド「早川真平とオルケスタ・ティピカ東京」に参加し、歌手デビューをする。
  • デビューからしばらくの間はヒット作に恵まれない不遇を味わったが、1965年に発売した「知りたくないの」(元々は「恋心」のB面曲だった)が2年後の1967年に入ってからヒット、80万枚を超える売上を記録し、人気歌手の仲間入りを果たし、同年、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす(以降1988年まで通算22回連続で紅白に出場)。
  • 1968年に「誰もいない」で第10回日本レコード大賞歌唱賞、1970年には「今日でお別れ」の大ヒットにより第12回日本レコード大賞を受賞し、実力派シンガーとしての地位を確立。また、愛嬌のある笑い皺が特徴的な丸顔から、当時の人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の司会者・前田武彦に「3日前のハンバーグ」との珍妙なニックネームを付けられ、以後、「ハンバーグ」という愛称が彼の代名詞的フレーズとなった。1970年代に入ってからは料理番組「キッチンパパ」(TBS)の司会も担当するなど、歌手以外の活動にも重点を置くようになった。
  • 2000年代頃からはライフワークともなった最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心の「ニュークラシカルコンサート」を全国クラシックホールを中心に展開している。
  • 1965年、小澤音楽事務所参画メンバーとなり、所属していた(現在は独立)。
    • 2019年、文化庁長官表彰。

    ニュークラシカルコンサート

    ニュークラシカルコンサートとは、円熟味を増した菅原の「歌声をいかにお楽しみいただくか」に拘り、敢えてクラシックスタイルに立ったコンサート。最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心。菅原自身もライフワークと語るこの新しいコンサートスタイルを全国クラシックホールを中心に展開している。このコンサートのスタジオ録音盤というべきアルバムもリリースしている。

    • 菅原洋一 New Classical Concert 〜日本の唄〜(2005年 ユニバーサルミュージック)
    • 菅原洋一 New Classical Concert Vol.2 〜世界の唄〜(2006年 ユニバーサルミュージック)
    • 菅原洋一 New Classical Concert Vol.3 〜父と子の唄〜(2007年 ユニバーサルミュージック)

    主なヒット曲・レパートリー

    シングル

    • 若い日本 (1963.7.1臨発:DJ-1370)国民の歌作成委員会選定 国民の歌
      作詞:橋本竹茂/補作:西条八十/作曲:飯田三郎/編曲:飯田三郎
    • 若い命よいつまでも (1963.11月新譜:DJ-1400)
      作詞:駿河あきら/作曲:早川博二/編曲:早川博二

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席指定:3,800円(税込)
    2019年11月26日 (火)
    川口リリアホール
    音楽ホール