CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 菅原洋一

菅原洋一

菅原洋一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

菅原 洋一(すがわら よういち、1933年(昭和8年)8月21日 - )は、日本の男性歌手。兵庫県加古川市出身。兵庫県立加古川東高等学校卒業。国立音楽大学大学院修了。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。所属事務所はミュージック・オフィス合田、個人事務所はスガワラ企画。2016年の時点で、株式会社ハイブリッジと業務提携していた。

経歴

  • 国立音楽大学卒業後、1958年にタンゴバンド「早川真平とオルケスタ・ティピカ東京」に参加し、歌手デビューをする。
  • 1962年、ポリドールよりレコードデビューするが、しばらくの間はヒット作に恵まれない不遇を味わった。
  • 1965年、小澤音楽事務所参画メンバーとなり、所属していた(後に独立)。同年に発売した「知りたくないの」(元々は「恋心」のB面曲だった)が、2年後の1967年に入ってからヒット。80万枚を超える売上を記録したことで、一躍人気歌手の仲間入りを果たし、同年、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす(以降1988年まで通算22回連続で紅白に出場)。またこの年、ファースト・リサイタルも開催。
  • さらに1968年に「誰もいない」で第10回日本レコード大賞歌唱賞、1970年には「今日でお別れ」の大ヒットにより第12回日本レコード大賞を受賞し、実力派シンガーとして確固たる地位を確立。その後「愛のフィナーレ」(1970年)、「忘れな草をあたなに」(1971年)、「愛の嵐」(1974年)などの曲がヒットした。
  • 1969〜1970年にかけてタンゴの王様“アルフレッド・ハウゼ楽団”、カンツォーネの女王“ミルバ”とレコーディングやステージ等で共演。
  • また、当時の人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の司会者・前田武彦から、菅原の愛嬌のある笑い皺が特徴的な小判型の丸顔に因んで、「3日前のハンバーグ」との珍妙なニックネームを付けられ、以後、「ハンバーグ」という愛称が彼の代名詞的フレーズとなった。1970年代に入ってからは料理番組「キッチンパパ」(TBS)の司会も担当するなど、歌手以外の活動にも重点を置くようになった。
  • 1982年、同じ事務所に所属する(当時)シルヴィアと歌った「アマン」が翌1983年にかけてヒットし、デュエット・ソングの定番の1曲となった。
  • 1985〜1989年にかけてアルゼンチンを代表するタンゴオルケスタ“レオポルド・フェデリコ楽団”や“ホセ・コランジェロ楽団”等と共演し絶賛を浴びる。
  • 1988年、歌手生活30周年記念リサイタルを国内6都市とロサンゼルスで開催。ソウルオリンピック前夜祭に日本代表として出演。
  • 2000年代頃からはライフワークともなった最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心の「ニュークラシカルコンサート」を全国クラシックホールを中心に展開している。
  • 2001年5月に「アルゼンチン建国記念日」を祝い、「タンゴフェスタ2001」を開催。
  • 2006年、ペギー葉山&菅原洋一コンサート「いい時代 いい歌50年」を全国で開催。
  • 2008年、歌手生活50周年記念リサイタルを渋谷オーチャードホールにて開催。同年、(社)日本歌手協会常任理事に就任。
  • 2010年、喜寿を迎え、「77歳77曲コンサート」を開催。また、上記の日本歌手協会レーベル第1号歌手として「ビューティフルメモリー」を発売。
  • 2012年、歌手生活55年記念として全曲新録音のベストアルバム「ビューティフルメモリー 我が心の歌〜80才の私からあなたへ〜」発売。以降毎年「〇〇才の私からあなたへ」シリーズのアルバムを発売。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    割引販売
    な!

    <トクベツ価格>
    24名限定!S席10,000円(全席指定・税込) → 7,200円さらに300Pゲット!

    こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
    カンフェティチケットセンター
    0120-240-540
    (平日 10:00〜18:00)
    2022年7月6日 (水) 〜
    2022年7月7日 (木)
    Bunkamura
    オーチャードホール