お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(なごやダイヤモンドドルフィンズ、英: NAGOYA DIAMOND Dolphins)は、B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。本拠地は愛知県名古屋市。

概略

母体は三菱電機名古屋男子バスケットボール部。

チームカラーはドルフィンズレッド。全国タイトルは三菱電機時代に計5回。

沿革

1950年三菱電機名古屋製作所にて創部。1973年に全国実業団リーグ2部入り、1984年1部昇格。1990年にオールジャパン初優勝を果たし、翌年も連覇。

2000-01シーズン、チーム名をメルコドルフィンズMelco Dolphins)とし、2006-07シーズンまで使用。2007年の日本バスケットボールリーグ (JBL) 発足に伴い、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(みつびしでんきダイヤモンドドルフィンズ、MITSUBISHI ELECTRIC DIAMOND Dolphins)とした。

2013年、ナショナル・バスケットボール・リーグ (NBL) 参戦に伴いチーム名を三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(みつびしでんきダイヤモンドドルフィンズなごや、MITSUBISHI ELECTRIC DIAMOND Dolphins NAGOYA)とした。

B.LEAGUE

2016-17シーズン

2016年、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (B.LEAGUE) 参戦に伴いチーム名は現在の名称となった。併せてチームカラーを三菱電機時代までの水色からドルフィンズレッド(赤色)に変更した。

B1リーグ 2016-17シーズンは西地区に所属することになった。開幕当初はスタートダッシュに成功し、シーホース三河に次ぐ2位をキープしていた。しかし、インターカンファレンス戦に突入すると、主力選手の一人だったジャスティン・バーレルやベテランだった石崎巧、鵜沢潤が相次いで負傷するなどの不運に見舞われ、特にバーレルが不在の2カ月では2勝11敗と苦戦を強いられた。結果として三河の独走を許すとともに、京都ハンナリーズや大阪エヴェッサ、琉球ゴールデンキングスに追い付かれてしまい、一時は5位に転落していた。

また、逆転負けも珍しくなく、特に東地区の秋田ノーザンハピネッツ戦(3月19日)に至っては、最大21点差を奪い、前半を19点リードで終えたにもかかわらず、オーバータイムの末に逆転負けを喫するなど、終盤での脆さと本番での勝負弱さが目立ったシーズンとなった。結果的に西地区は27勝33敗、6チーム中4位という結果に終わった。シーズンオフにはヘッドコーチのレジー・ゲーリーの退任と主将である石崎巧の琉球ゴールデンキングスへの移籍など主力選手の一部の移籍が発表された。

2017-18シーズン

前シーズンは秋田ノーザンハピネッツと仙台89ERSという東北勢がB2リーグに降格した事を受け、B1リーグ 2017-18シーズンは同じ愛知県の三遠ネオフェニックス(豊橋市)、シーホース三河(刈谷市)と共に、中地区で戦うこととなった。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
2階自由席
前売 大人:2,400円/こども:1,200円
当日 大人:2,900円/こども:1,400円
※満席時立見の可能性あり
※こども:小学生〜高校生(要証明書)
(税込)
2019年12月28日 (土) 〜
2019年12月29日 (日)
青山学院記念館