お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

ガッサーン・カナファーニー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ガッサーン・カナファーニー(ヘブライ語: ???? ???????, Ghassan Fayiz Kanafani, 1936年4月9日 - 1972年7月8日)は、パレスチナの小説家、ジャーナリスト。代表作に「太陽の男たち」、「ハイファに戻って」などがある。PFLPの活動家でもあり、1972年に爆殺された。

略歴

ガッサーン・ファイーズ・カナファーニーは、1936年、イギリス委任統治領下のパレスチナのアクレ(現イスラエル領)で、スンナ派ムスリムの両親のもとに生まれた。弁護士だった父はフランス系のミッション・スクールに彼を入学させたが、1948年、第一次中東戦争が起こり、一家はレバノンへ逃れたが、間もなくシリアのダマスカスに移り、そこでパレスチナ難民として生活することになった。

1952年、ダマスカス大学のアラビア語学科に入学するが、1953年に知己を得たジョージ・ハバシュの紹介で左派系汎アラブ主義団体、「Harakat al-Qawmiyyin al-Arab(アラブ人の民族運動-Arab Nationalist Movement-ANM)」に参加した事が原因で1955年に退学となる。クウェートに移り教職に就くが、政治活動にも力を注ぎ、ANMの機関紙「al-Ra'i」の編集を担当する。また、この頃マルクス・レーニン主義へと傾倒していった。1960年、再びレバノンへ移り、ANMの機関紙の編集を務める。1967年、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)が設立されると、そのスポークスマンに就任。PFLP機関紙の編集にも携わり、エッセイと論説を書いた。

カナファーニーは、現代アラビア語文学の主要な作家の一人であり、代表的なパレスチナ人作家としても認知されている。パレスチナ解放闘争という、故郷と自身の自由の追求という苦闘の中で生まれた彼の作品は、主としてパレスチナの解放闘争を主題とし、しばしばパレスチナ難民としての自身の経験にも触れたものとなっている。

処女作は短編『十二号ベッドの死』(1961年)。『君たちに残されたもの』(1966年)などの小説のほか、『シオニストの文学』(1970年)といった文学評論でも知られる。中でも、短編『太陽の男たち』(1968年)は、現代アラビア語文学の傑作の一つに数えられ、今日に至るまで非常に高い評価を得ている。

1972年7月8日、カナファーニーはレバノンの首都ベイルートで姪とともに、自分の車に仕掛けられていた爆弾の爆発により暗殺された。カナファーニーがPFLPの活動家であったことから、爆発物を仕掛けたのはイスラエルの特殊部隊である可能性が指摘されている。

1961年にデンマーク人の児童人権活動家の女性と結婚、2人の子供がある。

著作

アラビア語圏では、現代エジプトを代表する作家の一人であるユースフ・イドリースの序文が掲げられた3巻の全集が刊行されている。

日本語訳書

日本では、他のアラブ人作家と同様に著作の翻訳・刊行数は少なく、パレスチナ文学、ポストコロニアル文学の代表例として採り上げられることもしばしばであるが、その多くが入手困難となっており、再刊、出版が待たれる。

2005年からアラブ文学者の岡真理によって幾つかの作品が新たに翻訳され始め、2009年には『日本経済新聞』のコラム「春秋」欄で「ハイファに戻って」が採り上げられたことがきっかけとなり、河出書房新社より「太陽の男たち/ハイファに戻って」が、およそ20年振りに再刊されることとなった。

  • 『現代アラブ文学選』野間宏責任編集
    [収録作品] ハイファに戻って/占領下パレスチナにおける抵抗文学

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。