お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

スピードワゴン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

スピードワゴンは、日本のお笑いコンビ。ホリプロコム所属。

メンバー

井戸田潤(いとだ じゅん、1972年12月13日 - )(47歳)
ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。
別名「ハンバーグ師匠
小沢一敬(おざわ かずひろ、1973年10月10日 - )(46歳)
ボケ・ネタ担当。立ち位置は向かって右。
別名「セカオザ

来歴

コンビ結成前(吉本所属時代)

名古屋NSC2期の同期として出会う。名古屋吉本時代、井戸田は「マグニチュード」、小沢は「バツイチ」と別のコンビで活動していた。ともにランキングシステムの上位常連で、常に優勝を争う関係だった。吉本時代は新田敦生(よしもとエリアアクション副社長、当時は名古屋吉本の所長)に非常に世話になり、ホリプロに所属してからもラジオで共演を果たし、プライベートでも親しくしている。

初の「M-1」決勝進出〜「甘い言葉」でブレイク

先に上京していた井戸田が、コンビを解散しようとしていた小沢を誘って1998年にコンビ「スピードワゴン」を結成。井戸田が小沢の大須の自宅にトラックで押しかけて、そのまま上京させたというエピソードがある。M2カンパニー(後のホリプロコム)所属となり、2000年から「爆笑オンエアバトル」の常連出演者となる。2002年のM-1グランプリ決勝出場前の月給は3000円だったが、出場後はテレビ出演が増えたため一気に100倍の額になったという。また、2002年のM-1決勝出場前のネタの打ち合わせの際に、井戸田が「明日から忙しくなるよ」と小沢に言ったというエピソードがある。2004年に「甘い言葉」ネタで一躍ブレイクする。ちなみに「スピードワゴン」という芸名は小沢がカバンの中に入れていた「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するキャラから取って適当に付けたというエピソードもある

停滞期

2005年に井戸田が安達祐実と結婚して世間の耳目を集め、2006年にはキー局初の冠番組「激あま〜い」が始まる。その一方で新ネタを披露する機会も減少する。井戸田は、出版社での取材で大きなソファーに一人でくつろいで待っていたりと大物気取りになるなど、すっかりお笑いから遠ざかった小沢の様子に「小沢さんが芸人の心を失ってしまった」「漫才師が漫才やらないなんて実質解散と一緒だ」と嘆いたという。

井戸田の結婚生活は長くは続かず、離婚後の未練タラタラぶりなどで好感度を下げていった。こうした私生活面をテレビで面白く語らなければならない事と小沢がお笑いから遠ざかった事で、井戸田は精神的にも相当疲弊したという。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。