お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

安原義人



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安原 義人(やすはら よしと、1949年11月17日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名は同じ。

兵庫県相生市出身。東洋大学附属姫路高等学校卒業。テアトル・エコー所属。

妻は女優・声優の木村有里。

来歴

劇団青俳の養成所で1年学び、1年後に正所属となるところだったが、テアトル・エコーの公演を見たことで、1969年4月に同劇団に入団した。

劇団の先輩である山田康雄に師事しながら『11ぴきのねこ』『表裏源内蛙合戦』『珍訳聖書』などの舞台を踏み、テアトル・エコーが声の仕事に積極的なことから、1970年から放送の海外ドラマ『ディックス先生、こんにちは』(『黒人教師ディックス』)の番組レギュラーで声優デビュー。その後、アニメのアフレコも手掛けるようになる。

1987年からは、刑事ドラマ『ジャングル』に刑事役でレギュラー出演し、お茶の間に顔を披露した。

1995年に山田が死去してからは、舞台での持ち役を受け継いだ。ゲーム『モンティ・パイソンのHOLY GRAIL』、映画『人生狂騒曲』では山田の持ち役だったグレアム・チャップマンの代役も務めた。

人物

声優業としては洋画吹き替えへの出演が多い。コミカルで軽妙な役が得意。特にミッキー・ロークをはじめ、ゲイリー・オールドマンやケヴィン・ベーコン、ビル・マーレイ、ビル・プルマン、メル・ギブソン、ロビン・ウィリアムズ、リチャード・ギアなどの吹き替えを担当することが多い。また、『マペット放送局』のカーミットではそれまでの低音な演技とは異なる甲高い声質も使用した。テレビドラマ『名探偵ポワロ』では、富山敬の死去に伴い、後任としてアーサー・ヘイスティングス大尉役(ヒュー・フレイザー)を引き継ぎ、「エッジウェア卿の死」から最終シリーズ(最後の出演エピソードは「カーテン」)まで担当したほか、富山が吹き替えを担当したエピソードで、ヘイスティングスの吹き替えが行われていなかったカットシーン(放送時間の関係でカットされたシーン)の追加吹き替えも担当。ヘイスティングス役に就任する前はシリーズ第1話「コックを捜せ」にシンプソン役で出演していた(完全版では追加吹き替えでヘイスティングスも演じているため、実質一人二役となっている)。

持ち役のメル・ギブソンの代表作『マッドマックス』シリーズは第1作のテレビ版で担当して以降は出演しなかったが、BD化された際には全作品に安原による新録版が収録された。

アニメにも多く出演し、二枚目半の役柄だけでなく、クールな役や軽薄な悪役、インテリな学者の役までこなす。1981年の紹介記事では「アニメのアフレコでは、喉を使う機会が多いので、外出した際には必ずうがいをするなど神経を使います」と述べている。

テレビドラマや舞台でも活躍しており、「ジャングル」シリーズの八坂署・明石刑事役や、『熱中時代』の怪しげな英語交じりの日本語を話す喫茶店マスター等を演じている。『熱中時代』出演当時の記事の中で「今までは(自身が出演した)アニメを見た子供からのファンレターが多かったですが、『熱中時代』に出演してから女性からのファンレターをもらうようになって戸惑っています」と述べている。

アニメ『シティーハンター』の冴羽?の声は、同じ北条司原作の『キャッツ?アイ』で主人公の恋人(内海俊夫)役だった安原に99%決まっていたというが、安原が出演していた刑事ドラマ『ジャングル』のスケジュールの関係で、テアトル・エコー時代の仲間でもあった神谷明に話が行ったという。

2015年9月5日には、アメリカのテレビドラマ『ザ・ラストシップ』の記者会見で、実はバツイチ(つまり木村有里とは再婚)であることを告白した。

特技は関西弁。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
直前販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
一般:5,000円 → 【指定席引換券】4,800円!(税込)

【指定席引換券】
※当日、開演の30分前より会場受付にて指定席券とお引換致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承下さい。
2019年12月5日 (木) 〜
2019年12月17日 (火)
恵比寿・エコー劇場
販売終了