お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

オーラヴル・アルナルズ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

オーラヴル・アルナルズ(アイスランド語:?lafur Arnalds, 原語の発音;オウラヴィル・アルトナルツ, 1987年 - )は、アイスランドの作曲家、演奏家。主なジャンルはポスト・クラシカル。大レイキャヴィーク地方のモスフェットルスバイル(モスフェルスバイル)に生まれた。日本語では「オラフル・アルナルズ」などとも表記する。

アルナルズは以前、ハードコアバンド、メタルバンドに所属し、ファイティング・シットやセレスティンなどのドラムを担当した。彼はまた、彼の友人??rir のソロプロジェクト、マイ・サマー・アズ・ア・サルヴェーション・ソルジャー (My Summer As A Salvation Soldier)に、バンジョーやギター、ピアノで参加していた。2004年には、ドイツのメタルバンド、ヘヴン・シャル・バーンの一つのイントロと二つのアウトロの作曲をした。

そして2007年10月、アルナルズの初のソロアルバム、Eulogy for Evolutionが発売された。続いて2008年に、EP としてVariations of Staticが発表された。同じ年にアルナルズは、同じアイスランドのバンド、シガー・ロスとライブツアーに出た。ロンドンのバービカン・ホールでの公演は売り切れたと伝えられる。2009年4月、彼は七日続けて曲を発表するということもしている。発表された曲はそれぞれ、即興で二十四時間の内に作曲され、foundsongs.erasedtapes.comで公開された。これらの曲はFound Songsとしてまとめられ、高音質でCDでも発売された。アルナルズは舞踏家ウェイン・マクレガーに音楽を提供し、その曲集は2009年、Dyad 1909として発売された。2010年、二枚目のアルバムとなる...and they have escaped the weight of darknessを世に送り出した。

ディスコグラフィー

  • 2007年 - Eulogy for Evolution
  • 2008年 - Variations of Static (EP)
  • 2009年 - Found Songs (EP)
  • 2009年 - Dyad 1909 (EP)
  • 2010年 - "...And They Have Escaped the Weight of Darkness"
  • 2012年 - Stare (EP) with Nils Frahm
  • 2013年 - For Now I Am Winter
  • 2015年 - The Chopin Project with アリス=紗良・オット
  • 脚註

    外部リンク

    • オーラヴル・アルナルズ ユニバーサル?ミュージック ジャパン公式サイト
    • ?lafur Arnalds - 公式サイト
    • ?lafur Arnalds - Myspace
    • Article on ?lafur Arnalds.
    • interview on tokafi
    • Olafur Arnalds on …And They Have Escaped The Weight of Darkness, July 2010

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    A席:6,600円

    ◆ジュニア(小中学生※入場時年齢確認あり)
    A席:5,280円
    (全席指定・税込)
    2020年3月27日 (金) 〜
    2020年3月29日 (日)
    新国立劇場
    小劇場