お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

好井ひとみ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

好井 ひとみ(よしい ひとみ、1960年1月1日 - )は、日本の女優。

神奈川県出身。2011年3月末まで、東映アカデミーに所属していた。

来歴・人物

青山学院女子短期大学卒業。

1977年にデビュー。経歴は、あすなろプロ→三貴プロ→東映アカデミー。

1988年に女優活動を一時引退。1999年、『夜逃げ屋本舗』(連ドラ版)の第9話ゲスト出演で女優活動を再開。

2007年公演の舞台「cocktail〜カクテル〜」では、好井の演技に賞賛する者が多かった。

かつては、「特撮もの」と「近藤照男プロダクション制作のドラマ」に出演することが多かった。2005年発行の特撮本「HYPER HOBBY〜ハイパーホビー〜 VOL.77」では、 好井ひとみ×田口萌という意外な組み合わせの「仮面ライダーBLACK 対談」の模様が掲載(※好井が演じた大神官ビシュムと田口が演じた紀田克美は「仮面ライダーBLACK」の中ではほとんどといっていいほど接点がなかったため、対談の組み合わせは意外だった。)されており、その対談ぶりや、2007年公演の田口萌脚本の舞台「cocktail〜カクテル〜」に友情出演されていることから、親交が深いことがうかがえる。

「仮面ライダーBLACK」にて、演じたビシュムが大神官から大怪人になった際、空を飛ぶシーンの収録でスタントマンを使わず、自らワイヤーで吊るされ飛行シーンを撮り終えた。出演シーンを全て撮り終えたあと、一週間、ほとんど食事も取らずに眠り続けた。

昭和時代は、女優の 吉岡ひとみ、有吉ひとみ と混同される事が度々あった(3人の共通点“よし”“ひとみ”のため。)。

趣味:サッカー観戦、ビーチボール。特技:料理、ホームソーイング。

出演

映画

  • 皮ジャン反抗族(1978年12月2日、東映セントラルフィルム)
  • 十代 恵子の場合(1979年2月24日、東映セントラルフィルム)
  • 居酒屋兆治(1983年11月12日、東宝)
  • 刑事物語3・潮騒の詩(1984年7月7日、東宝)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。