お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

柳家小三治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 小三治やなぎや こさんじは落語家の名跡である。当代は10代目。この名跡は中堅どころの位置付けであるが、「柳家(柳派)の出世名」といわれる。7代目・8代目の柳家小三治は同時期に併存したことがある。

  • 初代柳家小三治 - 後の3代目柳家小さん
  • 2代目柳家小三治 - 後の2代目談洲楼燕枝
  • 3代目柳家小三治 - 後の3代目古今亭今輔
  • 4代目柳家小三治 - 後の2代目柳家つばめ
  • 5代目柳家小三治 - 後の4代目柳家小さん
  • 6代目柳家小三治 - 俗に「留っ子」「坊やの小三治」。(1896年〈明治29年〉8月19日 - 大正半ば頃、内田留次郎)は、落語家。1915年に3代目柳家小さん門下で柳家小志んを名乗り1917年2月に柳家小きんを経て、1918年3月に演芸会社で先代が蝶花楼馬楽を襲名したために小三治となった。将来を期待されたが、酒に溺れて若くして早逝した。1919年頃までの寄席の出番表などに名が見える。
  • 7代目柳家小三治 - 後の7代目林家正蔵
  • 8代目柳家小三治 - 当該項目で記述。
  • 9代目柳家小三治 - 後の5代目柳家小さん
  • 10代目柳家小三治 - 本項にて詳述。

  • 10代目 柳家 小三治(1939年12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家。一般社団法人落語協会顧問。出囃子は『二上りかっこ』。定紋は『変わり羽団扇』。本名、郡山こおりやま 剛蔵たけぞう。まれに「高田馬場の師匠」とも呼ばれる。

    略歴

    • 1958年 - 東京都立青山高等学校卒業
    • 1959年03月 - 5代目柳家小さんに入門。前座名は小たけ。
    • 1963年04月 - 二つ目昇進し、さん治に改名。
    • 1969年09月 - 17人抜きの抜擢で真打昇進。10代目柳家小三治襲名。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席指定(前売):3,800円(税込)

    2020年10月2日 (金)
    関内ホール
    大ホール
    完売

    取扱中の公演
    割引販売
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    14名限定!A席3,200円 → 2,800円さらに150Pゲット!
    2020年12月18日 (金)
    江戸川区総合文化センター
    大ホール