CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 山崎亜美

山崎亜美

山崎亜美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山崎 亜美(やまざき あみ、1980年7月18日 - )は、日本の元AV女優。ねずみっ子クラブの元メンバーとしても知られる。芸能事務所に所属しないフリーランスで活動。元歌手の荒木ミミ(本名:山崎みよ)は実母である。

来歴・人物

1980年7月18日、兵庫県神戸市に生まれる。

1992年、小学校6年生の頃日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のコーナー「第6回セクシー小学生ゴングショー」に出演。スタジオでクラリネットで『荒城の月』を演奏して優勝。次週よりレギュラー出演。

同年、セクシー小学生の中から選抜された者たちと共に「ねずみっ子クラブ」としてデビュー。ねずみっ子クラブの同期には仲根かすみや宮澤寿梨らがいた。

同年、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の「ねずみっ子ニュースNo.0004」で山崎の当時住んでいたマンションに、メンバーである山本麻樹と井上恵美子がレポーターとして訪問。山崎は母と妹と一緒に出迎えた。部屋の中では小鳥、犬、猫、うさぎ、ハムスター、ハト、ヤドカリと、ダイスケと名付けたイグアナを飼っており、自家用の日焼けマシーンが置いてあるが山崎も普段から使用していると明かされた。行きつけの板橋区内の蕎麦屋(現在は閉店)も紹介され、サイン色紙が飾ってある所や蕎麦屋特製の「亜美そば」を食べるシーンも放送された。

1993年、2枚のシングルをリリース。

同年、大竹省二撮影の写真集『少女亜美』(辰巳出版、ISBN 9784886410757)をリリース。ただしこの本は物議を醸し、彼女はねずみっ子クラブを脱退。中学校入学を機に芸能活動から身を引く。

2002年に映画『女囚カオリ・監禁懲罰房からの脱獄』に主役で出演。芸能界復帰。

2006年秋頃には千夏という名前で無修正作品が配信されており、これがAV女優としてのデビュー作である。当初から無修正AV女優として有名となった(なお、この作品は2008年2月12日、『ダブルヴィーナス』というタイトルでピンクパンチャーより発売される)。山崎亜美名義のDVDは2007年1月26日に発売された『カミカゼプレミアム 017』が最初。、AV以外の活動で知名度のある芸能人が無修正AV女優として活躍する先駆け的存在とみなされることもある

2009年以降の活動は確認されていない(公式ブログの最後の更新は2007年07月25日)。

エピソード

ねずみっ子クラブのメンバーとは仲が良くなかった。彼女はオーディションでなく、石橋貴明が「この子入れてみようよ」と言ったことが加入のきっかけで、ほかのメンバーにとってそれが気に入らなかったのだろうと述べている。

「家庭に仕事は持ち込まない」と彼氏や親と約束しており、AV女優になってからも私生活に大きな変化はない。

フィルモグラフィ

テレビ

とんねるずの生でダラダラいかせて!!(1991-1993年、日本テレビ)


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。