お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

仮面ライダーゼロワン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

仮面ライダーゼロワン』(かめんライダーゼロワン、欧文表記:KAMEN RIDER ZERO-ONE)は、2019年9月1日より、テレビ朝日系列で毎週日曜9:00 - 9:30(JST)に放送されている、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

令和年間に入って最初の仮面ライダーとなる本作品では、新時代の到来にふさわしいものとして人工知能(AI)がテーマに掲げられている。

キャッチコピーは、「令和仮面ライダー元年」「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

制作

タイトル

『ゼロワン』というタイトルは、令和最初の仮面ライダーであることから、「令和(01れいワン)」と仮面ライダー1号のダブルミーニングからきており、0と1が羅列しているデジタル世界で活躍する仮面ライダーであることや、企業ナンバー1の社長の仮面ライダーであるなど幾多の意味がある。キャラクターデザインなどは新元号が発表されるまでは完成していたが、名称は決まっておらず、新元号が「令和」と発表されるまで本作品のコンセプトである社長やAIを取り入れた案が出ていたが、発表されてから「1」を取り入れた名前を考えていた際にスタッフの一人が令和をもじった「レイワン」と言ったことからプロデューサーの大森が採用した。ただし、同名のヒーローである『キカイダー01』との類似が指摘されたが、本作品のコンセプトを受けてのものであることから、石森プロもネーミングを承諾した。

テーマ・ストーリー

本作品はAIの影響を受ける様々な「仕事」の世界を各話の舞台とし、その環境下で生まれる悪と、AI企業の社長となった主人公との人工知能技術を巡る戦いを描く中で、仕事をする上で重要な「夢」と「情熱」の素晴らしさを子供たちに訴えていくことが、親世代には時代に取り残されないように、AIについて勉強することで二世代が楽しめるドラマになり得るように本作品では志向されており、第3話以降は「お仕事編」と位置づけられている。

AIという近代的なテクノロジーを扱ったSF作品であるが、「人っぽいもの」を作ろうとしているAIは突き詰めれば、「人とは何か?」というところに行き着くため、結果として人間臭い心の話になると思われると脚本の高橋悠也は語っており、プロデューサーの大森敬仁は、職業を絡めていく中でAIの「できる」「できない」部分をある種の可愛らしさを含めた発展途上の状態からAIを描くと語っている。

序盤は平成仮面ライダーシリーズを観ていなかった視聴者でも入りやすいよう、途中からでもわかりやすい1話完結形式となっているが、物語の進行に合わせて連続ストーリーも多くなっていく。

以前、脚本の高橋が担当した『仮面ライダーエグゼイド』は、医療というシビアな話の中で無理矢理お笑いを入れて構築していたが、本作品では喜怒哀楽に溢れた作品になっていると語っている。

セッティング

新時代を占う言葉遊びとして、キャラクターの名称には「あれ」「それ」「これ」や「there」などの代名詞を取り入れて抽象的な存在であると意味づけている。また「人工知能=海外製品」というイメージを払拭し、日本から人工知能を取り扱った作品を生み出すことを意味して「飛電」や「滅亡迅雷」などの漢字表現も積極的に取り入れている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。