お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

安田芙充央



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安田 芙充央(やすだ ふみお、Fumio Yasuda, 1953年 - )は、日本の作曲家、ピアニスト、ジャズピアニストである。

人物・来歴

1953年(昭和28年)、東京都に生まれる。国立音楽大学作曲学科卒業。 クラシック、ジャズ、フリーインプロヴィゼーション、現代音楽の技法を用い、ピアノ曲、室内楽、オーケストラの作品を発表している。

2000年、「花曲」(Kakyoku)をドイツのウィンター&ウィンター・レコーズより発表し、作曲家としてヨーロッパでデビューした。

2004年、ミュンヘン・オペラ・フェスティバル委嘱作品のオペラ「Der Kastanienball」の作編曲を担当し、ピアニストとして出演した。

2005年、スイスの音楽祭「Stanser Musiktage」で自身のピアノとバーゼル室内管弦楽団によりピアノ協奏曲「ピアノと弦楽オーケストラの為の架空映画」、テオドロ・アンゼロッティをソリストに迎えた「アコーディオン協奏曲」を初演した。

2006年からテオ・ブレックマンと共演プロジェクトを開始した。

2013年、マルチメディア・インスタレーション「On The Path Of Death And Life」をニューヨーク、ミュンヘン、ボルドーにて上演した(Stefan Winter,akimuseと共演、写真映像:荒木経惟)。

2014年、ウィーン楽友協会大ホール「Tonk?nstler-Orchester Nieder?sterreich concert」の作編曲を担当、ピアニストとして出演した(ピアノ・作編曲:安田芙充央、ヴォーカル:テオ・ブレックマン、指揮:ベルント・ルフ、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団)。

ソロピアニストとしての活動として、2001年、ヴェルディのオペラをピアノ・トランスクリプションしたCD「Im Zauber von Verdi」、2014年のオリジナル・ピアノ曲によるCD 「Fractured Silence」の録音がある。

1995年より写真家・荒木経惟の映像作品「Arakinema」の音楽を担当した。

ジャズピアニストとして高柳昌行と共演している。

主な作品

協奏曲

  • アコーディオン協奏曲 (2002-2004)
  • ピアノ協奏曲「ピアノと弦楽オーケストラの為の架空映画」 (2004)

管弦楽曲

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。