お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

櫻井智



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

櫻井 智(さくらい とも、1971年9月10日 - )は、日本の女性声優、舞台女優、元歌手、元アイドル。旧芸名、桜井 智。出生名、八田 友江(はった ともえ)。愛称はアイドル時代は主にトモ、声優転向後は主に智ちゃん

千葉県市川市行徳出身。2008年3月31日まではエルスタッフプロモーション所属、2014年12月1日からフリーで活動。日出女子学園高等学校卒業。

経歴

女四人姉妹の末っ子として生まれる。KISSレーシングチームのマスコットガールを経て、1987年、絵本美希・島えりかと共にアイドルグループ「レモンエンジェル」のメンバーとして16歳でデビュー。このグループは『くりいむレモン』から派生した同名アニメ『レモンエンジェル』とのメディアミックスの中で生まれたもので、グループとしての代表作は同名アニメの主題歌であった『第一級恋愛罪』(バナナラマのカバー)、個人としての代表曲は『たそがれロンリー』。グループ内のメインボーカルとして活躍。当時は俗に言われる「アイドル冬の時代(または「アイドル氷河期」)」と重なっていたため、テレビの歌番組などへの露出は皆無に等しかったが、パンツを見せることを前提としたような大胆な衣装と振り付けで俗に「カメラ小僧」と呼ばれる人々から支持を受ける。

1991年、ミュージカル『足ながおじさん』のジュディ役で舞台デビュー、1992年には『若草物語』のベス役で全国39ヶ所を公演、朝倉薫演劇団に入団する。アイドルとしても1993年、PCゲーム『誕生 〜Debut〜』のタイアップユニット「サブリナ」のメンバーとしてイメージソングCDをリリースしている。

1993年、『ドラゴンリーグ』で声優としてもデビュー。厳密には「レモンエンジェル」時代に同名のアニメ番組で声優活動をしているが、本格的、かつ公式にはこれをもってデビューとしている。1994年、『マクロス7』のミレーヌ・ジーナス役でブレイク。これに関連して前作『超時空要塞マクロス』のヒロイン、リン・ミンメイ役の飯島真理との親交が始まり、飯島の楽曲カヴァーを歌うほか、楽曲提供を受けた。1995年、『怪盗セイント・テール』でTVアニメ初主演。同作は本人主演のミュージカルとして全国30ヶ所で公演された。その後も精力的に雑誌、ラジオ、TV、舞台、イベント活動などをこなし「アイドル声優」として一時代を築く。定例のバレンタインイベントの様子はスポーツ新聞の芸能面に毎年写真付きで掲載された。

2003年8月8日に『スーパーロボット大戦D』のCMナレーションとして声優業に復帰。

2004年11月25日、所属する「朝倉薫演劇団」との事業提携委託で、「アイムエンタープライズ」の所属となる。以後声優としての仕事はアイムエンタープライズを通して行われることとなり、声優雑誌のプロフィールではアイム所属と表記。2008年3月31日、朝倉薫演劇団との業務提携委託解消のため、アイムエンタープライズを退所、同時にエルスタッフプロモーションからも退所したことを発表。フリーで活動していたが、2009年4月1日付けで、アイムエンタープライズに再所属となった。しかし、2014年11月30日を持って、再びアイムエンタープライズとの契約を終了し、再度のフリー期間を迎えた。

2016年9月1日、公式HPのブログにて声優業から引退することを発表した。引退の理由として、「昔は喉がとても強く、何時間歌っていてもこわれることはなく、更に元気になる声帯をもっていましたが、最近では、役者としての大事な声が、かなり出づらくなってきているのを実感しています」とし、そのような変化に対応できなかったことを挙げている。今後については明言していないが、「私もゆっくりこれからのことを暗中模索して次なるステップをしたいと思います」と報告した。

2019年5月31日、Twitter・Instagramの開設と、芸能活動への復帰を発表した。

後任

2016年の引退後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。2019年の復帰後、それぞれの役に復帰するかどうかは未発表。

  • 平野綾 - 『歌マクロス スマホDeカルチャー』:ミレーヌ・ジーナス(マクロス7)
  • 井上喜久子 - 『銀魂. 銀ノ魂篇』:日輪

出演

太字はメインキャラクター。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。