お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

旭堂南陵



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)は、上方講談(講釈師)の大名跡。旭堂一門の留め名。本来は「あさひどう」と読ませていたが江戸と区別させる為「きょくどう」となった。

  • 初代旭堂南陵 - 本名:浅井 金次郎(1858年 - 1911年)駿河生まれ。元は東京を拠点にしていたが旅回りの末大阪に移住した。生玉神社の御旅所の席主も兼ねた。「義士伝」を得意とした。世話好きで門弟に養った。晩年「旭堂一道」と改名。
  • 2代目旭堂南陵 - 本項にて記述。
  • 3代目旭堂南陵 - 当該項目で記述。
  • 4代目旭堂南陵 - 当該項目で記述。

2代目旭堂 南陵(きょくどう なんりょう、本名:浅井あさい ?造つるぞう、1877年(明治10年)9月15日 - 1965年(昭和40年)11月19日)は、上方の講談師。大阪市生まれ、88歳没。初代の弟子で養子。

経歴

  • 1877年9月?大阪天満の染物屋に生れる。
  • 1895年?東京から来た4代目正流斎南窓に師事。初名は正流斎鶴窓
  • 1896年?初代旭堂南陵に入門。旭堂南花となる。
  • 1897年?東京へ行き3代目神田伯龍の門下で修行。神田龍生神田小伯龍と改名。
  • 1900年?大阪へ戻る。初代旭堂小南陵へ改名。
  • 1909年?2代目旭堂南陵を襲名。
  • 1949年?関西演芸協会の初代会長に就任。
  • 1951年?大阪市民文化賞受賞。
  • 1955年?NHK放送文化賞受賞。
  • 1965年11月19日?逝去。
  • 1996年?第1回上方演芸の殿堂入り。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。