お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

彩羽匠



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

彩羽 匠(いろは たくみ、1993年1月4日 - )は、日本の女子プロレスラー。

リングネームの由来は「プロレスの匠と言われるようなすごいレスラーを目指して、そしてリングの上を私の色で彩れるように羽ばたけるように」の意味がこめられている。

経歴

高校生の時、クラッシュギャルズのビデオを見て長与千種に憧れ、2012年8月のスターダム後楽園ホール大会を観戦後、プロレスラーを目指し大学を中退して上京。

2012年11月16日、4期生候補としてプロテストを受けて合格。

2013年2月12日、リングネーム「彩羽匠」と4月29日の両国国技館大会でのデビューが決定。両国でのデビューは女子プロレスラーとしては史上初。3月17日の後楽園大会に参戦していた里村明衣子にデビュー戦を直訴し、里村もこれを了承した。4月29日、煽りVで長与千種の映像も流されデビュー、里村に三角絞めを仕掛ける場面もあったが、最後はスリーパーホールドを決められレフェリーストップ。

5月12日、新木場1stRING大会にてメインで紫雷イオ&ダーク・エンジェルの赤いベルト&白いベルト王者と組み、タッグ王者宝城カイリ&翔月なつみと松本浩代との6人タッグで対戦、イオによるソバットのアシストから、ぶっこぬきジャーマンで宝城からフォールを奪い、デビュー3戦目にして初の直接勝利をタッグ王者から奪った。5月24日、ビッグパレットふくしま大会第1試合で、吉乃すみれとの同期対決を制してシングル初勝利。セミで米山香織と組み、夏樹☆たいよう&世IV虎と対戦し引き分け。6月16日、福岡さいとぴあで初の凱旋。紫雷イオと組み、高橋奈苗&横尾由衣組と対戦。ダイビング・ボディプレスで、同期の横尾からフォール。8月17日、後楽園大会で初のタイトルマッチとして、ダーク・エンジェルの持つワンダー・オブ・スターダム王座に挑むが、レイネーラで敗れる。10月17日、センダイガールズ後楽園大会「超世代闘争」8v8勝ち抜き戦で、新生軍最初のひとりとして出場。

2014年3月22日、大田区総合体育館で開かれた長与千種プロデュース「That's女子プロレス」に参戦、長与、花月と組み、ダンプ松本、KAORU、世IV虎組と対戦。

2015年2月22日、長与千種の設立した女子プロレス団体「Marvelous」に移籍。

2016年5月3日、Marvelous旗揚げ大会では、メインイベントで里村明衣子とのシングルマッチを戦う。

2017年4月15日、Marvelous旗揚げ一周年記念大会で、SEAdLINNNGの世志琥とメインイベントで3年ぶりのシングルマッチで20分ドロー。

2017年7月28日、Marvelous新木場大会で、門倉凛とのタッグNEW TRADITIONAL結成。

2017年10月17日、スターダム後楽園大会で、美闘陽子の持つワンダー・オブ・スターダム王座に挑むが、激戦の末30分ドロー。

2019年12月8日、Marvelous後楽園ホール大会で、師匠の長与千種と初めてのシングルマッチで勝利。その後、長与千種がMarvelousの代表を辞退し、彩羽匠に託した。

2020年2月8日、スターダム後楽園大会に緊急参戦し、メインで岩谷麻優をランニングスリーでフォールした。この試合の後、大江戸隊(4人)が乱入して岩谷を袋叩きにするという事件が発生するが、彩羽が岩谷を救出し、両手を広げて岩谷を守るように立ちはだかる。そしてロープを上げて大江戸隊に退場を促すと、大江戸隊は渋々退場していく。まるで王子様のような匠の姿に観衆は大・匠コールを贈った。

人物

  • 長与の次に、お笑い芸人のいとうあさこが大ファン。Marvelous旗揚げの際には、いとうから彩羽のイメージカラーである赤い花が届いた。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。