お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

小谷陽子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小谷 陽子(こたに ようこ、1976年12月22日 - )は日本の劇作家、演出家、女優。青森県出身。「製作委員会」主宰。

経歴

1976年、青森県むつ市に生まれる。上京後、早稲田大学第一文学部演劇専修、ENBUゼミナール演劇科に入学、

ケラリーノ・サンドロヴィッチのクラスに在籍する。在学中より主に舞台において女優活動を開始。

2001年、「劇団、本谷有希子」第3回公演「ファイナル・ファンタジー」

(新宿シアター・ブラッツ、2001年10月5日〜10月9日 ヨン・マンポール役)出演。

2005年、日本カジノディーラーズ協会にてプロカジノディーラーライセンス取得。

2006年、日本ポーカー協会にてポーカーディーラーに就き、現在に至る。

2008年、「トナドゥ」第1回公演「女の子ってなんでできてる?」(アトリエフォンティーヌ、2008年4月4日〜4月6日)出演。

2009年、ジャパン・エンターテインメント・アカデミー「dub valentine〜だれも興味のない ひげのおっさんの頭の中」

(タイニイ・アリス、2009年2月13日〜2月15日)出演。

2010年、「製作委員会」を創立。劇作家・演出家としての活動を開始する。同年10月、舞台「港町殺人事件」を公演する。

2012年、1月に舞台「いちご、マスゲーム、妄想。」を公演。同年11月に舞台「悪癖」を公演。

2013年、5月に舞台「がんばれ美香子〜なにそのタイトルやめてよ〜」を公演。同年10月に舞台「JFK」を公演。

2015年、4月に舞台「尼ちゃん」を公演。

2017年、3月に舞台「Keep heel up!〜言いたいだけ〜」を公演。

2018年、3月に舞台「To all passengers」を公演。同年7月にstudio-TATE「KAGUYA」(座・高円寺2、2018年7月15日〜7月16日)出演。

2019年、3月に舞台「PLACE YOUR BET」を公演。同年8月にstudio-TATE「織姫と彦星」(なかのZERO大ホール、2019年8月20日)出演。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(前売):3,500円
1, 000円割引!全席自由:3,500円 → カンフェティ席:2,500円!
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら

2020年3月19日 (木) 〜
2020年3月22日 (日)
劇場HOPE