お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

今泉潤



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

今泉潤(いまいずみ じゅん、1984年9月11日 - )は、日本のゲームプロデューサー、映像プロデューサー、演出家。愛知県豊橋市出身。

株式会社gumi Executive Producer、株式会社gumi West代表取締役社長、株式会社Fuji&gumi Games代表取締役CEO、株式会社FgG代表取締役CEOを歴任。

代表的なゲームプロデュース作品に「ファントム オブ キル」「誰ガ為のアルケミスト」「シノビナイトメア」がある。

来歴

慶應義塾大学通信教育課程在学中、レンタルビデオ店のアルバイトで知り合った縁から、フジテレビプロデューサー森谷雄が設立した映像制作会社アットムービーに入社。23歳でプロデューサーとしてデビューし、テレビの深夜ドラマやウェブドラマ、演劇、音楽、イベント、ネットラジオ、ブログ、DVD、グッズ制作など幅広いコンテンツをプロデュースした。

アットムービーの國光宏尚が独立起業したウェブコンテンツ企業gumi(旧社名アットムービー・パイレーツ)からシナリオ制作を依頼されたことを機にゲーム業界へ転職し、2010年7月gumiに入社。当時の主業だった携帯電話用ブラウザゲームをプロデュースする。

2012年12月、福岡市に設立された開発子会社gumi Westの代表取締役社長に就任した(2017年9月gumi本社に吸収合併)。

2014年1月、gumiとフジ・メディア・ホールディングスの協業で設立されたFuji&gumi Gamesの取締役副社長に就任。同社よりリリースしたスマホゲーム「ファントム オブ キル」「誰ガ為のアルケミスト」をヒットさせる。

2017年10月、Fuji&gumi Gamesより両タイトルの権利を譲受したgumiの連結子会社FgGの代表取締役CEOに就任。

人物

  • 映画『アバター』を観て、映像制作の質的な面ではハリウッドには太刀打ちできないと感じる一方、「刑事ハードボイルド」のシナリオ作りに関わった際、同ゲームに約50万人ほどの登録者がいることを知り、モバイルゲーム分野の可能性を感じ転職を決意した。
  • 映像業界出身者として映像表現やドラマ的要素にこだわった作品を特徴とし、日本のアニメやゲームにおける特異性をモバイルゲームでも実現したいという思いを持っている。「ファントム オブ キル」では押井守、「誰ガ為のアルケミスト」では河森正治にOPアニメの監督を依頼した。
  • プロデューサーという役職を担当しているものの、キャッチコピーの考案、イラストや音楽のチェック、スキルや武器の名前を決める作業、プロモーション活動など、自身の仕事の内容は多岐にわたる。

プロデュース作品

ゲーム(オリジナル)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。