お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

ビョルン・ウルヴァース



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ビョルン・ウルヴァーススウェーデン語: Bj?rn Kristian Ulvaeus、1945年4月25日 - )は、スウェーデン出身のミュージシャンでポップ・グループ、ABBA(アバ)のメンバー。メンバーのベニー・アンダーソンと共に作詞・作曲を担当し、作詞家・作曲家としても活躍した。

スウェーデンのキャッシュレス化を推進する人物としても知られる。

経歴

1945年4月25日に、スウェーデンのヨーテボリ市に生まれる。その後、音楽家として才能を挙げ、スコーネ県のルンド市に校舎を構えるルンド大学に進学する。

1966年に、アンダーソンと出会う。そして、2人は曲を独自で作詞・作曲し、その曲がヒットとなり、テレビデビューを果たす。

テレビに出演するようになり、1969年3月にテレビ撮影のため、アグネッタ・フォルツコグとアンニ=フリッド・リングスタッドに出会い、ABBAを結成した。その後、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974に出場し、「恋のウォータールー」で見事優勝を果たした。

1971年7月6日にフォルツコグと結婚したが、8年後の1979年7月に離婚した。

2008年に息子が住んでいたマンションに強盗が入り、家財道具を盗まれることが2回続き、「もし紙幣がなかったら」と考えるようになった。「犯罪による経済は、匿名性が高く、追跡が困難な現金の特質の上に成り立っている」という自身の考えをウエブサイトや新聞で明らかにした。ビョルン自身も2011年から紙幣を使うのを完全にやめており、2013年にストックホルムにオープンしたABBA: The Museumではビョルンの主張が掲示されると共に、ミュージアム内での現金による支払いを受け付けていない。

キャッシュレス化の運動そのものは以前からあったが、こういったビョルンの活動が運動に拍車をかけることになった。

2020年5月29日に、CISAC(国際著作権協会、International Confederation of Societies of Authors and Composers の略)新会長に選出された(前任者はジャン・ミッシェル・ジャール)。

関連項目

  • マレー・ヘッド - 「ワン・ナイト・イン・バンコック」を作曲
  • Swish (電子決済) - スウェーデンの非接触型決済システム(スマートホンのアプリ)

出典・脚注

公式サイト

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。