CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 枡野浩一

枡野浩一

枡野浩一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

枡野 浩一(ますの こういち、1968年9月23日 - )は、日本の歌人、詩人、小説家、エッセイスト、元芸人。

2006年に佐々木あららと共に執筆した青春小説『ショートソング』は約10万部のベストセラーとなり、小手川ゆあによって漫画化もされた。

人物

コピーライター、フリーライターを経て1997年に歌人としてデビューし、口語短歌が主な作風。これは糸井重里により「かんたん短歌」と命名されたほか、「マスノ短歌」などとも呼ばれている。高校国語教科書(明治書院・大修館書店)に短歌掲載中。結社や同人に所属しないため、歌人としては異端視されることが多い(当人もかつては「特殊歌人」の肩書きを使用していた)。明石家さんまのテレビ番組における「踊る!ヒット賞」が唯一の受賞経験。

当人が「世界一売れている現役男性歌人」と称するように多くの支持層を持つ。特に若者に支持されている。

短歌以外にも現代詩、作詞、漫画評、演劇評、エッセイ、小説などさまざまなジャンルで作品を発表している。元妻は漫画家の南Q太。芸人トリオ「詩人歌人と植田マコト」の元メンバー。芸人活動休止後は漫画家の古泉智浩とポッドキャスト番組「本と雑談ラジオ」のパーソナリティーとして活動。ババロア研究家。阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。

作歌活動のほか、新人歌人のプロデュース、短歌の公募添削、短歌をテーマとした小説の執筆など多方面で活動。テレビ番組やCM、映画などにも出演。
高見広春の小説『バトル・ロワイアル』、猫田道子の小説『うわさのベーコン』がそれぞれ太田出版から刊行されたのは、枡野浩一の紹介によるもの。
南と離婚に至るまでやその後などは、著書『あるきかたがただしくない』『結婚失格』などに、詳しく書かれている。

名字を誤記されることが多い。増野、升野、舛野、桝野といった表記が誤りであることを述べた自己紹介短歌も存在する。

経歴

工学博士・枡野邦夫(1935年-、石川県出身。日本電信電話公社(現・日本電信電話)研究所で光ファイバ/光ケーブル研究者)の長男として、東京都杉並区西荻窪に生まれる。その後茨城県水戸市に転居の後、小学5年で東京都小平市に再度転居した。

1987年3月、東京都立小金井北高等学校を卒業し、専修大学経営学部に入学。当時所属した文学サークルの後輩には宇田川寛之(現・短歌人編集委員)がいる。

大学中退後、『シンプジャーナル』誌上の作詞コンテストに投稿し、ベスト1にたびたび選ばれた。また、雑誌『現代詩手帖』にも投稿して入選した。

1989年から2年間リクルートでコピーライターとして活動する。リクルート退社後、『ロックンロール・ニューズメイカー』の佐伯明主宰の「音楽ライター養成ギブス・ます目ディア」に投稿したことをきっかけに、1991年から同誌で音楽ライターとしての活動を開始する。また、漫画評論家としても活動をおこなう。

1995年6月、第41回角川短歌賞において応募作品「フリーライターをやめる50の方法」が審査員5人中4人の最高得票ながら落選し、最終候補にとどまる。これが雑誌やテレビなどに取り上げられ話題となる。10月、詩集『ガムテープで風邪が治る』を刊行した。

1997年9月、初の歌集である短歌絵本『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』を同時刊行。12月、『CUTiE Comic』(宝島社)に「マスノ短歌教」を連載開始。この連載を期に、漫画家の南Q太と結婚に至る(2000年元日入籍)。

2000年5月、NHK『スタジオパークからこんにちは』に「かんたん短歌塾」講師として出演した。この年、長男が誕生する。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。