お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

鈴木拓



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴木 拓(すずき たく、1975年(昭和50年)12月7日 - )は、日本のお笑いタレントであり、俳優。お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ(たまにボケ)担当。相方は塚地武雅。

神奈川県綾瀬市出身。プロダクション人力舎所属。綾瀬市立天台小学校、綾瀬市立北の台中学校、神奈川県立綾瀬西高等学校卒業。身長167?cm、体重70?kg。

略歴

1975年、神奈川県綾瀬市に生まれる。現在も綾瀬市在住。

実家は海老名市で居酒屋「黒兵衛」を経営していたが、閉店した事を『出没!アド街ック天国』に出演した時、明らかにした。いとこの娘(いとこ姪)にモデルの三浦葵、三浦萌姉妹がいる。祖父は代議士をしており、小さい頃は金持ちだった。

幼稚園の頃は、姉が毎日送り迎えをしてくれた。

小学校4年生の頃、隣の市から引っ越しをして新しい小学校に通う。

中学校に入学後、サッカー部に入部。高校も補欠ではあるがサッカーを続けていた。しかし、6年間「血反吐を吐くような思い」で努力したものの実を結ばなかったことから、「才能のないものを努力したところで何の意味もない」との持論を持つに至った。

高校卒業後、アルバイトもせず2年間ニートの生活を送りながら釣りをしていた。

芸人を目指す

書店で立ち読みした本に「簡単になれる職業(最高が星五つのランク付けで星一つ)」としてお笑い芸人が挙げられていたことから芸人を志す。

スクールJCA5期生として入所。当初は男性3人、女性1人からなるカルテット「4人組」を組んでいたが、メンバーの男性の1人と女性が男女の関係となり、残った1人の男性ともそりが合わなかったことからカルテットを解消した。その後、鈴木の消極的な性格を、「お笑いを目指しているのに執拗に前に出ない、センスがある」と勘違いして誘ってきた塚地と1996年にコンビを結成した。

芸人として

以前は、ピンでの活動も「ドランクドラゴン」として受けた仕事としてギャラを折半をしていたため、『はねるのトびら』放送時から俳優としても芸域を広げた塚地に依存して、芸能活動に消極的で、“楽をして稼ぐ”スタンスだったが、2011年より歩合制にされてからは積極的に発言するようになり、ピンの仕事も増えてきた。

2020年、300万円をかけて機材をそろえ、YouTubeデビューしている。OPENREC.tvとも契約を結んで配信を行っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。