お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

厚木那奈美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

厚木 那奈美(あつぎ ななみ、1997年10月11日 - )は、日本の女性声優。長野県出身。81プロデュース、エイベックス・ピクチャーズ所属。

略歴

デビュー前

幼少の頃、アニメ『デ・ジ・キャラット』に登場するプチ・キャラット(ぷちこ)に憧れ、ぷちこそのものになりたいと思ったことが声優を目指すきっかけとなる。小学生になると、ぷちこを演じている声優がいると知り、声優になればぷちこになれると考えた。その後、テレビアニメ『プリパラ』の声優と主題歌を担当したi☆Risを見て、「歌って踊る声優になりたい」と思うようになる 。i☆Risを知ったことで「自分のなりたい声優像」が変わったという。

高校卒業後の進路選択では声優の学校に行くことも検討したが、親とも相談し大学に進学する。声優の道は半ば諦めていたが、大学1年生の冬休みに課題がなく時間に余裕ができたことから、開催中のオーディションを調べた。レコード会社エイベックスと声優事務所81プロデュース主催の「avex×81produce Wake Up, Girls! AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション」があることを知り、第1回合格者のi☆RIs、第2回合格者のWake Up, Girls!が好きだったことや、オーディションの広告に「あなたの夢が目覚める」と書かれた言葉に感化され、最後のオーディションとして参加した。

デビュー後

2017年に「avex×81produce Wake Up, Girls! AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション」に合格、2000人の応募者の中から選ばれた林鼓子、森嶋優花と共に3人組のユニットRun Girls, Run!を結成する。略称はランガ。テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』で声優デビュー。デビュー後は、大学と両立して声優活動を行なっている。

翌2018年には、声優になったら絶対に関わりたいと思っていた「プリティーシリーズ」に『キラッとプリ☆チャン』の青葉りんか役で出演する。ランガのメンバー全員で声優と主題歌を担当した。

人物

3歳頃から10年以上、クラシックバレエ教室に通っていた。バレエは足の怪我が原因で辞めてしまったが、他ジャンルのダンスは続けており、『Wake Up, Girls!』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などのダンスを真似て、デビュー前には「踊ってみた」と称した動画も上げていた。自分の唯一優れているところを挙げるとしたら、「ダンスが得意」なことであり、オーディションでもダンスアピールをするために振り付きで歌唱審査に臨んだという。

デビュー後もダンスの腕を活かし、Run Girls, Run!の楽曲である『サクラジェラート』『青春アルゴリズム』『スノウ・グライダー』などの振り付けを担当した。

厚木は「おっとりしたお嬢様」といった印象を持たれる。メンバー2人は彼女の初対面時に「乃木坂46か?」と思われたという。しかし自身は否定しているが、メンバーからは「雰囲気がお嬢様」なところは押した方がいいと言われている。

声優の峯田茉優は中学生時代の同級生であり、峯田がパーソナリティを務める『本気!アニラブ』や、Run Girls, Run!がMCを隔月で担当している『ライブダムカンパニー』などで共演を果たしている。峯田とは3年間同じクラスの友人で、学校で一緒に踊ったダンス仲間でもある。

出演

テレビアニメ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。