お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

汐美真帆



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

汐美 真帆(しおみ まほ、1973年10月20日 - )は、元宝塚歌劇団の男役で現在はヨガ指導者。

宝塚市出身、出身校は小林聖心女子学院(中等部)、身長169センチ、血液型A型。宝塚歌劇団時代の愛称ケロ。元星組・宙組男役スターの夢大輝は従姉妹にあたる。

来歴・人物

兵庫県宝塚市出身。

中学生の頃から通い始めた宝塚受験サポートスタジオで、同じ学校の高等部の先輩・朝宮真由、入団後汐美と同じ組に配属され、後に星組トップスターとなる安蘭けいと知り合う。この2人とともに汐美も1989年に宝塚音楽学校に合格。3人は同期となる。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中22番。同期生に春野寿美礼(元花組トップスター)、朝海ひかる(元雪組トップスター)、安蘭けい(元星組トップスター)、花總まり(元宙組トップ娘役)、成瀬こうき(元専科男役スター)などがいる。「ベルサイユのばら〜オスカル編〜」で初舞台。1992年1月13日付けで雪組に配属。

1998年11月2日付けで月組へ組替え。この時期には、自身の他に大空祐飛(後に宙組トップ)、霧矢大夢(後に月組トップ)、大和悠河(後に宙組トップ)の4人でグループとして扱われることが多く(通称:シューマッハ)、当時のトップスターであった真琴つばさとともにテレビ出演などもしていた。

2001年、バウホール公演「血と砂」で、大空祐飛とW主演を果たす。

2003年2月21日付けで星組へ組替え。芝居やショーで舞台を盛り上げ人気を博したが、2004年12月26日、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェヴィータ!-」の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。退団の際には、自身初のディナーショー『Good Bye,Good Guy,Good Fellow』を開催した。

退団後渡米し、2年間ニューヨークで語学・ダンス・歌・メーク、そしてヨガなどの勉強に専念し、2007年に、目白椿の坂スタジオでヨガ講座の指導者となる。

2008年、YOKOとしてミュージカル「RENT」に出演するなど、舞台の活動も行っている。

2018年9月13日、グルテンフリーパンの米粉パンの専門店「穂乃ぱん」経営者と入籍。

エピソード

幼少期、イラン・テヘランに住んでいたことがある。

幼いころから宝塚歌劇に親しみ、小学校4年生から宝塚コドモアテネを利用。後に汐美同様雪組に配属され、下級生時代を共に過ごす彩吹真央と知り合う。彩吹は「(汐美さんは)当時からの幼馴染であり、一緒に観劇したり出待ちをしたりする関係であった」と、「宝塚GRAPH」の「波瀾爆笑!わが人生」の中で告白している。

芸名の"汐美真帆"は、「美しい海原を帆船がまっすぐに進むように」の意で、父親が考案した。ペルシアを起源とする太陽神ミトラの恵みという意味の"みとら恵(けい)"という芸名も候補に挙がっていた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):5,000円(税込)
2019年12月25日 (水) 〜
2019年12月29日 (日)
シアターサンモール