お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

松永天馬



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松永 天馬(まつなが てんま、本名同じ、1982年8月12日 - )は、東京都江東区生まれの日本のミュージシャン・作家・詩人・俳優・映画監督である。日本のポップロックバンド・アーバンギャルドのヴォーカル、コンセプター、リーダーである。

来歴

  • 2000年代中盤頃より、学生時代からの詩や演劇、映像での活動を経てアーバンギャルドをスタート。
  • 2001年 - 東京都立九段高等学校卒業。
  • 2005年 - 同志社大学神学部卒業。在学中に早稲田大学第一文学部ロシア語ロシア文化専修(当時)に国内留学しロシア文学を学び、ウラジーミル・ソローキンなどのアバンギャルド作家に感銘を受ける。
  • 2011年 - 『スカート革命』でメジャーデビュー。
  • 2013年 - 『死んでれら、灰をかぶれ』で小説家デビュー。S-Fマガジンを中心に短編を掲載し、2015年初の書籍『自撮者たち』を早川書房より刊行。
  • 2014年よりソロ名義のライヴも開始。翌年ソロバンドを「松永天馬と自殺者たち」と命名。
  • 2015年 - NHK Eテレ『Let's天才てれびくん』で初のテレビ番組レギュラー出演。
  • 2016年 - NHK BSプレミアム『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎』(主演:満島ひかり)でドラマ初出演。
  • 2016年 - アーバンギャルドの楽曲をモチーフにした短編集『少女か小説か』を集英社より刊行。
  • 2017年 - 「ラブハラスメント」をリード曲に、ソロデビューアルバム『松永天馬』を発売。初のソロワンマン「Blood,Semen,and Death.」開催。
  • 2017年 - ソロアルバムのために初のショートフィルム『血、精液、そして死』を監督脚本音楽主演。冨手麻妙を助演に迎える。
  • 2017年 - MOOSICLAB2017の招待プログラム「松永天馬映画祭」のために新作『カメラ×万年筆=夏』に主演、共同脚本。姫乃たまW主演。
  • 2018年 - 『松永天馬』収録の全曲をMVにし『カメラ×万年筆=夏』を加えたヴィデオ作品『見る、松永天馬』を発売。阿知波妃皇ら出演。
  • 2018年 - 年内に100作品を制作する「松永天馬100作品」プロジェクトを掲げ、達成した。
  • 2018年 - MOOSICLAB2018長編コンペ作品として初の長編映画にして監督脚本音楽主演作品「松永天馬殺人事件」を提出。4DXならぬ"4DIEX"仕様を謳った内容は観客の度肝を抜き、男優賞、ミュージシャン賞に加え急遽新設された「松永天馬賞」を受賞。
  • 2019年、タワーレコード内にプライベートレーベル「TEN RECORDS」発足。第一弾としてセカンドソロアルバム「生欲」リリース。
  • 詩のボクシングの優勝歴


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。