お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

茶谷健太 



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

茶谷 健太(ちゃたに けんた、1998年1月16日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴

プロ入り前

浜須賀小学校から「三ヶ丘スポーツ少年団」で軟式野球を始め、浜須賀中学校では投手として「緑中央シニア(現・横浜青葉シニア)」に所属。

帝京第三高等学校では、1年から控えとしてベンチ入りし、3年春には4番エースになったが、春季山梨大会ベスト4が最高で、第97回全国高等学校野球選手権山梨大会では、準々決勝で甲府城西高等学校に4対2で敗れ、甲子園出場はなかった。9月にプロ志望届を提出した。

2015年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから4位指名を受け、11月21日に契約金4,000万円、年俸500万円で入団した。背番号は55

ソフトバンク時代

2016年はキャンプ前に内野手に転向。二軍公式戦において5試合に出場し、三軍戦では77試合に出場、打率.204の成績を残す。

2017年、3月18日に行われたウエスタン・リーグ、対阪神タイガース戦において、8番三塁手で先発出場、6回にタイムリーツーベースを放ち、二軍公式戦初打点を挙げる。二軍公式戦には66試合に出場し、1本塁打、18打点、打率.247をマーク。一軍最終戦となった10月8日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Koboパーク宮城)において一軍初昇格を果たし、その試合で途中から三塁手の守備に就いた。6回に回ってきた打席では、則本昂大からプロ初打席初ヒットを放った。10月19日、11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された。

2018年は一軍公式戦に出場することはできなかった。二軍公式戦には三塁手や遊撃手として起用され、87試合に出場し、3本塁打、19打点、打率.246を記録。11月4日、球団から来季の支配下選手契約を結ばないことを通告された。育成契約の打診があったが、これを断った。12月2日、自由契約公示された。

ロッテ時代

2019年1月23日に千葉ロッテマリーンズへ育成選手として入団することが発表された。二軍では3月16日の開幕戦で9番・一塁手として先発出場。開幕から4試合連続安打を記録するなど存在感を見せ、徐々に本職の遊撃手としての起用されるようになっていった。前半戦で打率.282、4本塁打、29打点の成績を残し、フレッシュオールスターゲームにも出場。最終的には118試合に出場し、6本塁打、48打点、8盗塁、打率.271を記録した。12月25日に支配下選手として契約した。

2020年6月21日、故障で登録抹消された福田秀平に代わり、一軍昇格。25日の対オリックス・バファローズ戦で井上晴哉に代わって一塁の守備固めとして移籍後初出場を果たした。7月26日の対埼玉西武ライオンズ戦で9番・遊撃として自身初のスタメン出場を経験するも、打撃が振るわず、9月23日に登録抹消された。10月6日、一軍選手複数名の新型コロナウイルス感染による「感染拡大防止特例2020」の代替指名選手として一軍再昇格。同日の対オリックス・バファローズ戦では藤岡裕大の代役として9番・遊撃でスタメン出場した。

選手としての特徴

投手時代は、最速145km/hのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを投げた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。