CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 高橋光臣

高橋光臣

高橋光臣



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 光臣(たかはし みつおみ、1982年3月10日 - )は、日本の俳優である。

大阪府出身。啓光学園高等学校、東洋大学法学部法律学科卒業。サイトウルーム(2022年6月まで)を経てスターダストプロモーションに所属(2022年10月から)。妻は女優の宮下ともみ。

略歴

中学3年からラグビーを始め、啓光学園高校、東洋大学とラグビー部に所属していた。啓光学園ラグビー部の同学年にクボタスピアーズの渡海谷保、2学年下にサントリーサンゴリアスの佐々木隆道などがいる。

大学卒業後の進路について考え出した頃に映画『ラスト サムライ』を観て俳優業に興味を持ち、俳優養成機関テアトルアカデミー直系の芸能事務所浅井プロダクション(現・ATプロダクション)に所属する。

2005年にテレビドラマ『WATER BOYS 2005夏』で俳優デビュー。工事現場や飲食店などでのアルバイトで生活費を稼ぎつつ、『それいけ!アンパンマンくらぶ』のお兄さんなどを経て、2006年に『轟轟戦隊ボウケンジャー』の明石暁/ボウケンレッド役でテレビドラマ初レギュラー・初主演した。2007年にはテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』にレギュラー出演して注目を集め、番組宣伝要員として『笑っていいとも!』、『クイズ!ヘキサゴンII』、『わかってちょーだい!』など多くのバラエティ番組にも出演する。

2007年12月にATプロダクションから離籍。その後ウイングスジャパンへの移籍を経て、2008年10月1日に同事務所より独立したサイトウルームに所属。

2008年、土曜ナイトドラマ 『幻影〜ゲンヱイ〜』で初の単独主演を務める。2010年、NHK『龍馬伝』で大河ドラマ初出演。同年から2013年にかけて、『科捜研の女』シリーズに3シーズンにわたり刑事役でレギュラー出演。

2012年度前期のNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に出演。『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演以来念願だったと語る堀北真希との共演を果たし、堀北演じるヒロインの恋人となる医学生・松岡敏夫役を演じた。後に「自分を取り巻く環境が一変した」「人生が動いた作品」と語るように一躍知名度を上げる。

『科捜研の女』撮影中より東映京都撮影所の剣会にて殺陣を学び、2014年からBS時代劇『神谷玄次郎捕物控』シリーズに主演。「5万回斬られた男」として知られる福本清三からも「若い主役が出てきて本当に喜んでいます」として賛辞を受ける。

私生活では、2008年の初舞台『ダブルブッキング!』で共演し2009年ごろより交際していた女優の宮下ともみと、2014年1月1日に婚姻届を提出し結婚。同日に双方の公式ブログにて入籍発表。2018年2月19日に第1子となる男児が誕生。2020年2月2日、第2子男児が誕生した。

2022年6月14日、14年間所属したサイトウルームからの独立を発表。同年10月1日、スターダストプロモーションに所属することを発表。

エピソード

ラグビーに打ち込んだ学生時代

中学時代はバンド「シャ乱Q」のファンで、サクソフォンを吹きたくて吹奏楽部に入部した。しかし中学2年生の頃にラグビー部が創設されると、高橋の運動神経の良さを知る顧問教諭から誘われたことで転部を決め、ラグビーを始めることになった。志望する高校を決める際、自身の名前と同じ“光”の字が入っていることから縁を感じた啓光学園を選んだ。

ポジションは高校まではバックスのスクラムハーフとセンター(CTB)、大学の途中からフォワードのフランカー。

高校時代のラグビー部の練習について「想像していた以上に、練習が死ぬほど苦しくて嫌で嫌で仕方なかった」とのこと。高校3年時に啓光学園は花園に出場、自身はリザーブとして予選には出場しているが、その後の怪我のため花園出場は果たしていない。大学には当初一般入試での受験を決意したが全敗に終わり、ラグビーでの推薦入試を受けて合格し、東洋大学への進学が決まった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。