お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

沢城みゆき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

沢城 みゆき(さわしろ みゆき、1985年6月2日 - )は、日本の声優、ナレーター、女優。長野県生まれ、東京都育ち。青二プロダクション所属。声優の沢城千春は実弟。

経歴

1999年5月2日、『デ・ジ・キャラット』の新人声優オーディションに参加し、審査員特別賞を受賞。同作品のプチ・キャラット(ぷちこ)役に選ばれ、演技経験のないまま声優デビューする。2001年放送の『しあわせソウのオコジョさん』のコジョピー役でテレビアニメ初主演。オーディションを主催したブロッコリーの預かりという形で芸能活動を続けていたが、『デ・ジ・キャラット』で共演した氷上恭子の推薦で、マウスプロモーションに所属。事務所付属の俳優養成所で、改めて演技を学ぶ。2007年秋からはTheatre劇団子の準劇団員として、演劇活動も始める(のちに退団)。2008年に大学を卒業した。

2011年に放送された『ルパン三世』のテレビスペシャル『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』より、峰不二子役を増山江威子から受け継いで演じている。沢城は3代目。

2015年8月1日付で青二プロダクションへ移籍。

2017年1月9日にテレビ朝日系で放送された、『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』にて、4位に選出された。

2018年4月1日から放送された『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』で鬼太郎役に抜擢される。テレビアニメで鬼太郎役の声優としては5人目。放送開始後程なく、産休に入るとの発表があったが、代役を立てることなく継続して演じきった。

2019年9月にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、劇中アニメの声優役という異例な形式にて初の実写ドラマ出演を果たす。

受賞歴

「声優アワード」は、助演女優賞(第3回)、主演女優賞(第4回)、海外ファン賞(第5回)と、2009年から2011年にかけて3年連続で受賞したほか、2015年の第9回でも助演女優賞を受賞している。

『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード』は、2013年・2017年に女性声優賞を受賞した。

人物

演技に興味を持ち始めたのは、小学校の学芸会で魔女の役をやった時に「すごいね」と褒められ、「作文でも運動でも一番になれなかったが、これなら一番になれそう」と思ったこと。また、声優に興味を持ったきっかけは同級生が夢中になっていたアニメ『るろうに剣心』を一緒に観たことが大きいと語っている。また、声優になりたいと思った理由の1つに「小学生時、本を読んでいるときに、自分が本の中のキャラという他人に成り切ることができるということを発見した」ことを挙げている。元々特撮好きで特に女優の曽我町子には強い憧れを持っていた。転機となったのは上記のオーディションに合格したことだった。声優アワードでは誠実な芝居で数多くの作品を支える演技派として評価されている。

2014年6月2日に一般男性と入籍。6月8日に所属事務所の公式ブログで発表した。

2018年6月28日、同年夏(早ければ7月)から産前・産後休業および育児休業に入ることを発表。同年11月5日、『報道ステーション』のナレーションで仕事に復帰した。

所持資格は普通自動車免許。趣味は読書。特技は料理(予定)、英語少々。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。