お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

中山市朗



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中山 市朗(なかやま いちろう、1959年 - )は、兵庫県朝来市竹田出身の日本の小説家、放送作家、怪異蒐集家、オカルト研究家。映像作家や小説家などを育成する私塾「中山市朗作劇塾」の塾頭。

経歴

  • 1982年、大阪芸術大学映像計画学科卒業。当初は映画監督に憧れ、和泉聖治監督の『魔女卵』などの助監督を務める。1984年、黒澤明監督の日仏合作『乱』の制作が本格的に動き出したと同時に、その現場の様子をメイキング映像として記録し、かつビデオソフトとして販売することを目的とした企画をヘラルド・エース、黒澤プロダクションに売り込み、黒澤組に初のビデオ班を設けさせ、自ら演出として現場に入った。これは日本映画初の本格的なメイキング制作のプロジェクトであった。ヘラルドポニー『メイキング・オブ・乱』、公開日に放送されたフジテレビ『男たちの乱、女たちの乱』に使われた映像は、このとき記録された膨大な映像の一部である。
  • 1990年、木原浩勝との共著で、『新・耳・袋〜あなたの隣の怖い話』(扶桑社)を出版し、作家デビュー。この頃から放送作家として『爆笑BOOING』『恐怖の百物語』『百綺夜想』(いずれも関西テレビ)や『歴史バラエティ』(NHK)などを手掛ける。1998年、『新・耳・袋』が『新耳袋・現代百物語』としてメディアファクトリーより復刊。これを第一夜とし、二夜以後は書き下ろしとなり、2005年まで全十夜のシリーズとして刊行される。『新耳袋』は現代の怪異談を百物語形式で収録され、その後の実話系怪談の草分け的存在となり、江戸時代の百物語を現代に蘇らせ、Jホラーブームの原点ともなった。また、本シリーズはTBSよりドラマ化、映画化がなされ、キングレコードから『怪談新耳袋』として、DVDが発売されている。
  • 1999年、小説家の京極夏彦、文芸評論家の東雅夫、そして木原、中山により怪談文化復興を旗印に『怪談之怪』を結成。ゲストを招いての座談会、怪談会、投稿怪談の添削などの活動が『ダ・ヴィンチ』誌上で掲載された。2007年、長編実話系怪談『怪異実聞録・なまなりさん』(メディアファクトリー)を出版。『新耳袋』では封印していた呪い祟りがテーマの実録ものであった。怪談とは語りが本来の形、であるという思いから、ライブや動画配信などを積極的にこなしている。その語りを元にした『怪談狩り 市朗百物語』(KADOKAWA/メディアファクトリー)も2014年に出版された。
  • 2016年7月30日より9月11日の間、大阪道頓堀の目抜き通り、中座食いだおれビルの地下にお化け屋敷「中山市朗監督・人形塚の家」を開催。同時に、お化け屋敷内に十畳間を作り、36夜連続怪談会「怪談の魔」を自らのホストで公演。作家の牧野修、田辺青蛙、竹内義和、西浦和也、評論家の唐沢俊一、怪談家のありがとうぁみ、芸人のガリガリガリクソン、松原タニシ、映画監督の大木ミノルなどのべ31人のゲストを招致し、のべ約70時間に及ぶ怪談会を行った。
  • オカルト研究家でもあり、『京都魔界巡礼団』(CS京都+KTV)などの演出、構成、ナビゲーターを担当。京都三大奇祭のひとつ『牛祭り』などの貴重な取材映像を残している。著書では、聖徳太子の謎を小説形式で提示した木原浩勝との共著『捜聖記』(角川書店)や『聖徳太子・四天王寺の暗号』(ハート出版)を出版している。自ら立ち上げた「古代史探偵団」の団長である。あくまで関西にこだわり、様々な文化が発祥した大阪にこそ人材が必要と、クリエーター養成塾を立ち上げ塾頭としても奮闘している。
  • エピソード

    • 大学の卒業制作として、モノクロの16ミリ映画を自らの監督で、兵庫県の故郷近辺でのロケを敢行。このとき、村の俯瞰図を撮ろうと山道に入り、その先で世にも奇妙な無人の牧場を目撃した。このエピソードをエッセイスト竹内義和が『誠のサイキック青年団』等のラジオ番組や東雅夫監修の『文藝百物語』などで披露。この話は京都府の大江山のことであるとして話題となり広まったが、『新耳袋・第四夜』(2000年)に「山の牧場に関する十の話」としてまとめられ、中山の体験談として改めてその詳細が明らかにされた。牧場の場所は著作では明らかにされていないが、一部マニアは自ら探し出し発見したという人たちもいて、単なる牧場跡に過ぎないとする反論もある。また、『映画秘宝』『新耳袋・殴り込み』『不思議ナックルズ』『誠のおまえら行くな。』などが独自取材し、それぞれが独特の解釈を試みている。なお、小説家の菊池秀行は、この山の牧場のエピソードは「文章で読んだ恐怖譚の最高傑作である」と『第四夜』のあとがきに記している。
    • 2010年11月26日、道頓堀ZAZAでトークイベント「中山市朗 Dark Night Vol、1」を開催。ゲストで出演していた小説家・田辺青蛙が持参したいわくのある市松人形を披露したおり、人形が声を発するとしいう怪異が起こり、出演者はもちろん、その場にいた観客、スタッフたち100人近くがそれを直に聞き凍りついたという。人形はその後も次々と奇妙なエピソードを撒き散らしながら、現在も田辺の手元にある。この様子は田辺が『楽しき我が家』(MF文庫)のなかで短編小説として発表し、中山自身もたびたびライブなどで語っている。また、TBSらじこん配信『幽怪案内』にて、そのときに撮られた映像を公開している。2015年4月19日放送のフジテレビ系『ニュースな晩餐会』で、田辺、中山のインタビューに、ライブの映像が取り上げられ、人形の音声解析も行われた。解析によると「人間の声紋。女性か子供の、生命の危機にある状態の叫び声」と結論づけられた。
    • 中山本人は数々の怪異に見舞われながら、自らは何も感じないことを自覚していて、ある深夜の怪奇スポットの取材に同行していた漫画家・伊藤三巳華から「午前0時のさわやかウィンドウ」という名前をつけられた。怪談と霊感は関係ない、というのが中山の主張である。

    作品

    著作

    木原浩勝と共著

    • 『新・耳・袋〜あなたの隣の怖い話』1990年 扶桑社
    • 現代百物語『新耳袋』第一夜 1998年 メディアファクトリー
      文庫版『新耳袋』第一夜 現代百物語 2002年 角川文庫
    • 現代百物語『新耳袋』第二夜 1998年 メディアファクトリー
      文庫版『新耳袋』第二夜 現代百物語 2003年 角川文庫

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。