お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

西田シャトナー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西田シャトナー(にしだシャトナー、1965年8月13日 - )は、日本の劇作家、演出家、折り紙作家、俳優。大阪府出身。佐々木蔵之介、腹筋善之介などが所属していた劇団「惑星ピスタチオ」の座付作家演出家で、俳優としても多くの舞台に出演している。また、折り紙作家としても長く活動するなど、多彩な表現者として知られる。

名前の由来は、スタートレックのジェームズ・T・カークを演じるウィリアム・シャトナーから。

来歴

1990年、神戸大学在籍中に仲間と共に結成した劇団「惑星ピスタチオ」の脚本・演出担当として、脚本・演出家のキャリアをスタート。実験と娯楽の融合を標榜し、独自の表現手法を多く開発・命名した。小道具などを一切使わず、パントマイムと膨大な説明科白を駆使して場面描写や登場人物の心情を表現する「パワーマイム」と名付けた手法、そして一人多人数役を次々に切り替えながら多くの役をこなす「スイッチプレイ」等、肉体と想像力の限界に挑む演出手法が多い。中でも「カメラワーク演出」というまるで観客がクレーンで舞台の周りを回っているような錯覚を起こす演出は、従来の演劇では表現し得なかったダイナミックなシーンを可能にした。『破壊ランナー』(1993年初演)では、音速走行する近未来のスポーツレースを俳優の肉体表現のみで表現し、以後同作は西田の演出を象徴する作品となる。一人多役を意味するスイッチプレイは、主人公格の俳優が端役を演じるのみならず、筋肉やキスシーンの唇など身体の一部、床下の昆虫や水槽の中の魚などの生物、樹々や掃除ロッカーなどの無生物、さらには台風や宇宙船の爆発などの「現象」に至るまで、ありとあらゆる対象を演じるスタイルにまでに発展。これによって、演劇の常識を超えたさまざまな風景を舞台に出現させることが可能となった。劇団解散後にはそのような描写的演技を総称して「パワーマイム」と観客や後進から呼ばれることが多い。後年、舞台『弱虫ペダル』でも、主役格の俳優に自動販売機を演じさせ、商業演劇の演出に慣れた観客たちに驚きをもって迎え入れられることとなる。また、考案した表現手法に命名することにより現場で明確に技術化するやり方は、劇団解散後も引き続き行っている。

惑星ピスタチオ解散と同時期にスタートした即興演劇シリーズ「シャトナー研」はおよそ30作品を制作し、自身も俳優として参加。音楽は俳優による生演奏を行うのが特徴で、ストーリーは明確に決まっており、セリフのみが即興である。西田本人は「物語の本質をより強く理解し上演するためのシステムであり、厳密には即興劇ではない」としている。このシリーズでは後に「脚本を書いた後にそれを即興劇に変換する」というスタイルの公演「シャトナー研EX」も行っており、このスタイルによる『サムライヘルメッツ』(2007年)では「名古屋演劇博覧会カラフル2」において「HighschoolMeeting賞」「ちくさ座賞」の2つの賞を受賞している。

2012年より、舞台『弱虫ペダル』(原作・渡辺航/少年チャンピオン連載)シリーズの脚本・演出を担当。当初周囲には、自転車レースを題材としたこの作品を演劇で表現することは不可能だろうと不安視する声が多かったが、西田はこれをハンドルだけを持った俳優と「カメラワーク演出」によって表現し、「自転車が見える」という評判を獲得。この演劇的表現にあふれた独創的演出に加え、各種パワーマイム表現や熱量あふれるカンパニーづくりも好評となり、漫画を原作とした演劇に新時代をもたらしたと言われる。この作品の登場とヒットを契機として、日本における漫画原作の演劇作品に実験表現系の演出家を投入する制作スタイルが多く登場することとなり、やがてそれは「2.5次元ミュージカル」もしくは「2.5次元演劇」と呼称される潮流となった。そのため西田と舞台『弱虫ペダル』は「2.5次元演劇の潮流の立役者」とも言われるが、西田本人はインタビューなどで「この潮流の源流は『テニスの王子様ミュージカル』である」と述べている。

2016年に脚本・演出を担当した漫画原作作品『ALL OUT?!! THE STAGE』(原作・雨瀬シオリ/月間モーニング・ツー連載)では、ラグビーの試合シーンを表現するにあたり、俳優全員にボールをもたせ、パントマイムによってパスワークを表現するというまたも常識を覆す演出手法を選択。日本を代表するマイム俳優であるいいむろなおきにもマイム指導で参加を請い、臨場感あふれる試合シーンを実現した。

2014年には、自身のオリジナル作品を上演するプロジェクト「SHATNER of WONDER」をスタート。同年、日本語堪能なフランス貴族が妄想演劇を繰り広げるという設定のフェイクコメディシリーズ「ムッシュ・モウソワール」を立ち上げた。さらに2016年には惑星ピスタチオ時代のプロデューサー・登紀子とのユニット「ジョー&マリプロジェクト」を開始した。

2001年保村大和超一人芝居『マクベス』、及び2014年鳥の劇場『R.U.R.ロボット』では、海外戯曲を西田自身の手で原書から翻訳し演出している。

2018年には、TVシリーズ『ルパン三世 PART5』にゲスト脚本家の一人とし参加し、第20話『怪盗銭形』を執筆した。

折り紙作家としての活動スタート時期は明言されていないが、小学生時代(1970年代)にすでに天才折り紙少年として日本折紙協会の会誌などに登場しており、受験生時代(1980年代)には『ファンロード』誌にいくつかの折り紙作品を投稿、数ページにわたって折り図の掲載を果たすなど、演劇活動に先んじた活動を行っている。生物を題材とした躍動感あふれる精密な作風で折り紙愛好家に知られ、現在は公式サイト内のWEBギャラリーで作品を発表しているほか、折紙作家としてのインタビュー記事やTV出演も多数に及ぶ。2009年以降には個展開催も行っている。

舞台 作・演出

  • ファントム OF W(1990年1月)
  • 熱闘!! 飛龍小学校(1990年12月、1992年10月、1994年8月)
  • 白血球ライダー(1991年10月)
  • 大音劇 黎明編(1991年12月)
  • 大音劇 誕生編(1992年4月)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。