お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

鈴木悠太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ゆゆうた(1988年7月2日 - )は、日本の男性YouTuber、ピアニスト、ゲーム実況者。本名である鈴木 悠太(すずき ゆうた)名義のほか、鈴木 ゆゆうた(すずき ゆゆうた)名義でも活動している。

来歴

神奈川県川崎市多摩区出身。桐光学園中・高等学校を経て首都大学東京(現・東京都立大学)都市環境学部都市環境学科建築都市コース卒業

2007年にニコニコ動画で動画の投稿を開始。当初はアニメの曲をアレンジしてピアノで弾いた動画などを上げていたが、再生数は伸びなかった。8年にわたり放置していたが、2015年頃にアレンジ動画の一つが人気を集め始めたことで、ブームに便乗しようと新たに投稿して注目を集めた。2018年5月にYouTubeでの活動を開始。2020年2月16日の時点でYouTubeの登録者数は100万人を超えた。

2018年12月31日、公式ニコニコ生放送にて年を跨ぐ生配信特番『裏番組をぶっ飛ばせ!ゆゆうたの #ひとり紅白ゆゆうた合戦』が行われ、ゲストにレペゼン地球のチバニャン、ゲーム実況者のもこう、ウェブ漫画家のやしろあずきなどを招いた(チバニャンともこうは通話での出演)。

2019年8月に開催された「コミックマーケット96」で自身初の写真集を発売。

2020年4月にニコニコ動画から引退することを表明。YouTube活動に一本化された。

2020年5月9日には「24時間ピアノを演奏する」という趣旨の生配信を行い、翌日これを成功させた。

人物・エピソード

ピアノは5歳の頃から習得していた。ピアノ演奏の技術について、「絶対音感は持っていないが、相対音感は持っている」と発言している。

基本的にはアニメソングや有名楽曲のピアノカバーやアレンジ、解説をメインに配信活動を行なっている。その一方で、過激な下ネタやアンダーグラウンドなインターネット・ミームへの言及も多く、後述の不祥事にも繋がっている。

また、2020年には本人が公開した写真により、かつて存在した違法ダウンロードサイト「Kyo Music City」がブラウザのブックマークに含まれたことが発覚したが、本人は意図して追加したものではないとして、利用を否定している。

不祥事

「一般男性脱糞シリーズ」に関する騒動

ゆゆうたは2017年6月、ネット掲示板・2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)で起こった炎上騒ぎを元にした楽曲『一般男性脱糞シリーズ』を弾き語る動画を投稿。この曲はヒットし、ゆゆうたの代名詞的な楽曲になったが、実在の弁護士を侮辱する内容を含んでいる上に、「2ちゃんねるの文化を私物化、金稼ぎしている」「視聴者に一連の騒動を誤認させる」などの声も集まった。また『一般男性脱糞シリーズ』の歌詞は炎上騒ぎの渦中にいた弁護士を攻撃することを目的とした集団「恒心教」の「信者(恒心教徒)」による2ちゃんねるへの書き込みが元であったことから、恒心教徒が強く反発。曲の知名度が上がり、炎上騒ぎの詳細を知らない層に「『一般男性脱糞シリーズ』はゆゆうたの曲」といった認識が広がり、また曲の内容から炎上騒ぎについての誤認が拡がることを快く思わない恒心教徒はゆゆうたに対して曲の使用をやめるか、使用するなら弁護士の「正しい情報」を発信することを求めた。しかし、ゆゆうたはこの要求に応えずに(本人曰く「味を占めて」)楽曲を使用し続け、2020年1月には400人の吹奏楽団とともにこの楽曲を合奏する動画を投稿した。要求を無視した動画に激怒した恒心教徒はゆゆうたのみならず、楽曲の意味を知らない多くの関係者までを攻撃対象とし、結果としてゆゆうたや吹奏楽団関係者など116人以上の個人情報が特定され公開される事態となった。

楽曲の封印宣言後も、ゆゆうた自身への嫌がらせのみならず、周辺住民への嫌がらせやゆゆうたの名前を騙っての犯行予告が行われている。2020年6月にゆゆうたを騙って都内の学校や広告代理店に爆破予告を送り付けていた人物が同年中に逮捕されている。ゆゆうた自身は2020年6月と11月の2回、殺害予告を受けたことを告白しており、そのため、TwitterやYouTubeの更新が3日間停止した場合は「もう逝ってしまったと思って頂ければいいんじゃないかな」と話している。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。