お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

片岡千之助



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

片岡 千之助(かたおか せんのすけ、2000年3月1日 - )は、日本の歌舞伎役者。本名は片岡 正博(かたおか まさひろ)。父は片岡孝太郎、祖父は十五代目片岡仁左衛門。屋号は松嶋屋。定紋は追っかけ五枚銀杏。

経歴・人物

東京都出身。幼稚園から青山学院に通う。平成15年(2003年)7月大阪松竹座『男女道成寺』の所化で初お目見得。平成16年11月、歌舞伎座『松栄祝嶋台』(まつのさかえ いわう しまだい、通称『お祭り』)の若鳶千吉で片岡千之助を名のり初舞台。初舞台時はわずか4歳だったが、年齢を感じさせないしっかりとした科白廻しと可愛らしい愛嬌で人気者となった。

平成23年(2011年)6月、新橋演舞場六月大歌舞伎で戦後初の祖父・孫共演による『連獅子』(れんじし)を披露。普段から「オーパ」(大パパ)と呼び慕い、同じ芸道に生きる大先輩として憧憬の眼差しを惜しまない仁左衛門への直訴が聞き入れられ、弱冠11歳で子獅子を演じる大舞台に臨んだ。この前後の様子を静岡朝日テレビが密着取材で撮影し、後にBS朝日でドキュメンタリー番組『芸と素顔に密着!片岡仁左衛門の魅力 〜いまをみつめて〜』と題してまとめたうちの一編「千之助と仁左衛門」で放送された。

2018年12月の京都四条南座『吉例顔見世興行』にて初めて南座の舞台を踏み、祖父・父と松嶋屋三代揃い踏みで『義経千本桜』の主馬小金吾武里(しゅめのこきんごたけさと)を演じることとなっている。

脚注

外部リンク

  • 片岡千之助 - 歌舞伎俳優名鑑
  • 片岡千之助 (sennosuke.official) - Instagram
  • 片岡千之助 (@Sennosuke0301) - Twitter