お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

クオーレ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クオーレ』(伊: Cuore)は、イタリア王国のエドモンド・デ・アミーチスによって1886年に書かれた小説。『クオレ』とも。

概要

アミーチスの代表作で日本では『世界名作劇場』シリーズのアニメ『母をたずねて三千里』の原作として知られるようになった。またそれ以外に『愛の学校クオレ物語』としてもアニメ化されたことがある。

1861年に成立した統一イタリア(イタリア王国)で書かれた本で、子供向けに愛国心を説くための本として広く読まれた。小学3年10歳のエンリーコ(エンリコーとも)少年が新学期の10月から翌年7月までの学校での1学年(10か月)を過ごした日記が書かれている。舞台となるこの小学校はトリノにある。「先生のお話」として、各月にパドヴァ、フィレンツェ、ジェノヴァなどの少年の物語が挿入されている(これらは統一前の各国を代表している)。

その中の一つ、5月の"Dagli Appennini alle Ande"(アペニン山脈からアンデス山脈まで)は日本語で「母を尋ねて三千里」などの題名で独立した物語としても愛読される。

主な登場人物

生徒

エンリーコ
本作の主人公。両親のほかに姉(アントニオの担当だった「先生のお話」の清書をエンリーコが代筆した際には、彼女も手伝っていた)と弟(作中で同級生の一人を亡くしている)がいる。真面目な生徒だが、友人と些細なことでけんかするなど人間臭い人物としても描かれている。
父親の転勤に伴い、学年度修了とともに家族でトリノを離れることになった。
本作は彼が学校生活を書き綴った日記を中学校進学後に清書した作品ということになっている。
ガッローネ
主人公の親友。病気で入学が遅れた為に他の生徒よりも2歳年上。たくましい体つきをしている。非常に優しく弱者に対しては最大限の思いやりを見せる。作中で母親を亡くしている。
デロッシ
学級一の優等生。商人の息子。期末試験では満点を獲得している。成績優秀なだけでなく容姿端麗で他者への気遣いもできる。エンリーコとは前年度でも同級だった。クロッシには同情的で、彼の担当だった「先生のお話」の清書を代筆したことも。
クロッシ
父が渡米中(実は投獄中)で、母が野菜売りをしており、自分は片腕を骨折しているという不幸な境遇の子(後に父親は戻ってきた)。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。