CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 村上元三

村上元三

村上元三



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は、日本の小説家。

経歴・人物

朝鮮半島の江原道元山生まれ。青山学院中等部卒。

1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で小説家・劇作家の長谷川伸を知り、師事する。

1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。

戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。他に『次郎長三国志』『松平長七郎旅日記』などの代表作がある。

1951年には、福岡県北九州市小倉北区の手向山公園内に、『佐々木小次郎』の完結を記念して村上が寄贈した小次郎碑が建てられた。

1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。

1966年度NHK大河ドラマとして放映された『源義経』では原作提供だけでなく自ら脚本も担当している。

2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。96歳没。

親族

長女の典子は映画監督・降旗康男と結婚した。

受賞歴

  • 1934年 サンデー毎日大衆文芸賞選外佳作
  • 1941年 第15回直木賞
  • 1965年 NHK放送文化賞

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。