お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

多岐川華子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

多岐川 華子(たきがわ はなこ、1988年9月16日 - )は、日本のタレント、女優、グラビアアイドル。本名、大内 華子。旧芸名、華子(はなこ)。

神奈川県出身。堀越高等学校卒業。トライストーン・エンタテイメント所属。母は女優の多岐川裕美、父は元俳優でアクターズプロモーション元社長の阿知波信介。

略歴

女優の多岐川裕美を母に持ち、「世間知らずのお嬢様」として裕福に育つ。両親の影響から、幼い頃から芸能界を志し、14歳の時、「母のようにチヤホヤされたい」との憧れから芸能界入りを志して、猛反対する母に内緒で10社以上の芸能事務所に履歴書を送りオーディションを受けるものの全滅、気づいた母の紹介(コネ)により芸能事務所に所属する。芸能界入りからわずか3ヶ月後の2004年、15歳の時に寿がきやのコマーシャルに出演、芸能活動を開始する。

2005年には、写真集『Girl Friend』でデビューを飾り、母親譲りの清楚なルックスで注目を浴びた。以後、『sabra』等の雑誌グラビアやロッテ、SANKYOなどのテレビコマーシャルで活躍、2006年には、『旅の贈りもの 0:00発』で映画初主演を努め、女優としても活動を開始。また、バラエティ番組では、天然ボケを交えたユニークなキャラクターで注目を浴び、『踊る!さんま御殿!!』など人気番組にも数多く出演、バラエティータレントとしても活動する。

しかし、私生活での2012年10月の仁科克基とのスピード離婚の後、離婚の話をするバラエティ番組への出演を断り続けたことで仕事が激減する。その後、過食症となって体重も10kg増加し、2015年の夏頃には一時芸能活動を辞めようと決意するものの、「やっとスタート地点に立ったのに、努力もしないで、また逃げるの?」と母に諭されて一念発起し、「自分を変えよう」と生まれて初めてのアルバイトも不動産会社の事務職で3年間経験する。

2015年12月公開の映画『W〜二つの顔を持つ女たち〜』に出演し、TOMOROの作詞作曲・プロデュースによる主題歌「ROPPONGI DREAM 〜W REMIX〜 feat. 加弥乃,梅本静香,多岐川華子,桜のどか,岸明日香,森下悠里」にフィーチャリング参加した。

サンミュージックブレーンからサンミュージックプロダクションを経て、2016年4月より母・多岐川裕美が所属するトライストーン・エンタテイメントへ事務所を移籍。母の名を借りず「ゼロからスタート」の意を込めて、同時に芸名を多岐川華子から華子へと改名する。2016年から2019年まで華子の芸名で活動し、2020年、トライストーン・エンタテイメントでのプロフィールでは多岐川華子に戻している。

私生活

2010年1月に交際を公表していた俳優の仁科克基と同年10月6日に婚約を発表。翌2011年1月11日に婚姻届を提出し結婚、1月21日にグアムで挙式した。

結婚当初から性格の不一致を感じており、結婚後1年足らずの2011年末に些細な喧嘩をきっかけに双方の不満が衝突し、華子が家を出て別居。2012年7月に離婚に向けて協議中の旨が報道され、同年10月22日に離婚届を提出して正式に離婚。この離婚は、仁科が、7月2日早朝、華子に「おはよう」とLINEを送ったことに対して、「離婚したい」と返信したことが発端となっていると報じられたが、華子は「それは違うんですよ」「メールではないんです」と否定。後に2014年に仁科がTBS系『嵐を呼ぶあぶない熟女』に出演した際には、仁科のキャバクラ通いが離婚の原因であるとされた。2019年に『徹子の部屋』へ母と「バツイチ親子」として出演した折には、スピード離婚により母のイメージを損なったことに対し「すごい悪いことをした」と謝罪の意を表している。

人物

身長は161cm、靴のサイズは23.5cm。

趣味・特技はフラフープ、ネイル、映画鑑賞。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。