お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

高橋和久



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高橋 和久(たかはし かずひさ、1950年3月 - )は、日本の英文学者。東京大学名誉教授。立正大学教授。

著書『エトリックの羊飼い』は、18−19世紀のスコットランドの詩人、ジェイムズ・ホッグ(en:James Hogg)論。

略歴

東京生まれ。東京都立小石川高等学校卒、1973年京都大学文学部文学科卒業(英語学英文学専攻)、1976年東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程修士課程修了、岡山大学教養部助手、77年講師、1978年愛媛大学法文学部講師、1981年学習院大学文学部講師、1983年東京大学教養学部助教授、94年東京大学文学部助教授、94年12月同教授、95年同人文社会系研究科教授、2015年定年退任、名誉教授。2018年立正大学文学部教授。

著書

  • 『エトリックの羊飼い、或いは、羊飼いのレトリック』 研究社, 2004

共著編

  • 『ラドヤード・キプリング』橋本槙矩共編 松柏社 2003
  • 『イギリス文学』山内久明,高田康成共著 放送大学教育振興会 2003

訳書

  • J・ホッグ『悪の誘惑』国書刊行会 1980
  • トニー・タナー『姦通の文学』御輿哲也共訳 朝日出版社, 1986
  • J・G・バラード『太陽の帝国』国書刊行会 1987
  • コリン・ウィルソン『ミステリーズ オカルト・超自然・PSIの探究』工作舎 1987
  • グレゴリー・ベイトソン『精神の生態学 下』佐藤良明共訳 思索社 1987
  • ジョン・バンヴィル『ケプラーの憂鬱』小熊令子共訳 工作舎 1991
  • ピーター・ポパム『東京の肖像』朝日新聞社 1991
  • グレアム・スウィフト『この世界を逃れて』白水社 1992
  • E・M・フォースター『果てしなき旅』岩波文庫 1995

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。