お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

ガエターノ・ドニゼッティ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ガエターノ・ドニゼッティGaetano Donizetti, 1797年11月29日 - 1848年4月8日)は、イタリアのベルガモに生れて同地で没したオペラの作曲家。ジョアキーノ・ロッシーニやヴィンチェンツォ・ベッリーニと共に19世紀前半のイタリアを代表するオペラ作曲家として人気を博した。

生涯

  • 1806年(9歳) - サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の楽長を務めていたヨハン・ジモン・マイールの慈善音楽院で学ぶ。
  • 1815年(18歳) - マイールの尽力でボローニャ音楽院入学。その後、法律家になる事を期待した父親の束縛を逃れる為に軍隊に志願。兵籍のまま作曲を続ける。
  • 1830年(33歳) - オペラ『アンナ・ボレーナ』を発表し、名声を確立した。
  • 1839年(42歳) - オペラ『ポリウト』をナポリで上演しようとしたが検閲官に拒否され、『殉教者』と改題しフランス語によりパリで初演。
  • 1842年(45歳) - 3月、ロッシーニの『スターバト・マーテル』のイタリア初演をボローニャで行い、大成功を収める。
  • 1844年(47歳) - この頃から梅毒や双極性障害が原因と思われる頭痛や神経性麻痺に見舞われ、1848年に故郷ベルガモに戻り50歳と4ヶ月で没する。
  • 作品

    オペラ

    オペラは70作品ほど作られたが、現在上演される作品はそれほど多くなく初期作品は未だ日の目を見ないものもある。セリアでは『ランメルモールのルチア』、『アンナ・ボレーナ』、『ルクレツィア・ボルジア』、ブッファでは『愛の妙薬』、『連隊の娘』、『ドン・パスクヮーレ』などが人気がある。 悲劇にも喜劇にも代表作が複数列挙できる、比較的数の少ないタイプの作家である(他には、リヒャルト・シュトラウス、再評価後のロッシーニなど)。

    • ピグマリオン 1816年(習作、未上演)
    • アキレスの怒り 1817年(同上)
    • ブルゴーニュのエンリーコ 1818年
    • ばかげた行い 1818年(紛失)
    • ロシア大帝ピョートル 1819年
    • 村の結婚式 1821年

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。