CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 広井王子

広井王子

広井王子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

広井 王子(ひろい おうじ、本名:廣井 照久〈ひろい てるひさ〉、1954年2月8日 - )は、日本の漫画家・アニメ・テレビゲームなどの原作を手掛けるマルチクリエイター、舞台演出家。レッド・エンタテインメント顧問、ゲオネットワークス顧問、金沢工業大学客員教授、情報経営イノベーション専門職大学情報経営イノベーション学部超客員教授。元アミューズ所属。

著名な作品は、『サクラ大戦シリーズ』・『天外魔境シリーズ』・『魔神英雄伝ワタルシリーズ』。

略歴

東京都出身。立教中学校、現・立教高等学校卒業、3年次で立教大学法学部中退。

幼少〜学生時代
実家は自営業。親はある日店を休みにして、従業員の皆で旅行に出かけることにした。そこで広井が学校はどうするのか、と訊いたところ、親は「学校がお前に飯を食わせているのか」と叱りつけ同行させたという。ガキ大将の子分だった際、鉄くずを集めて換金し、駄菓子を買ったがその取り分でもめた経験がある。高校時代には映画に夢中になり、映画監督を志していたこともある。
付き人時代
自主制作映画の手伝いを始め、その関係で、映画スタッフの紹介で、俳優の森本レオの付き人をしていた。
マルチクリエーターへ
食玩・オマケ『ネクロスの要塞』の企画をきっかけに、『魔神英雄伝ワタル』でアニメのプロデュースを手がけ、業界でその名を知られるようになる。その後、同作のゲーム関連のスポンサーだったハドソンからのオファーを受け、北海道に遊びに行ったところ、突然ハドソン社内に軟禁状態にされ、集中的にゲームについて教え込まれ、そのまま『天外魔境』の制作の仕事になだれ込んだというエピソードがある。
PCエンジンで発売された『天外魔境 ZIRIA』および『天外魔境II 卍MARU』がヒットしたことで、それ以降ゲームの著名プロデューサーの一人となる。2000年代以降はゲーム開発者がメディアに登場することはそう珍しいことではないが、ゲームの制作者が積極的に顔出しをするようになった流れを作った一人である。
1996年〜2008年にかけて「サクラ大戦シリーズ」において、原作・総合プロデューサーを務める。アニメ化なども多数存在するなど、広井にとって最大のヒット作となる。
その他
『週刊ファミ通』にて『Agean(エイジアン)1927極東より』を連載。
2010年10月、AKB48・チームKキャプテンの秋元才加との“お泊りデート”を『週刊文春』に報じられ、秋元はキャプテンを引責辞任する騒動になった(のち復帰)。これについてはブログで「そんな関係じゃない。いくら何でも56歳のジジイとデートじゃ彼女がかわいそうだ」と否定している。「今をときめくAKB48のメンバーと仕事をしているという自覚が足りなかった」と謝罪している。
26歳年下の一般人の歯科医の女性と2016年5月に結婚したことを明かしている。

人物

制作姿勢

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。