CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 山崎樹範

山崎樹範

山崎樹範



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山崎 樹範(やまざき しげのり、1974年2月26日 - )は、日本の俳優、声優、タレント。愛称は「やましげ(校長)」「ほのぼの」「ザキヤマ」「しげめろ」

東京都足立区梅田出身。東京都立青井高等学校、獨協大学法学部卒業。劇団カムカムミニキーナ所属、事務所はキューブ、藤賀事務所を経て、2012年4月よりトルチュに所属。

妻は女優の吉井怜。血液型はA型。身長165cm。左利き。

略歴

獨協大学演劇研究会を経て、1995年から劇団カムカムミニキーナに参加。劇団の先輩でもある八嶋智人とは20歳の頃からの付き合いで、彼がいなかったら現在の自分は無いと思うと発言している。その八嶋の山崎評は「入団当初からなんでも上手くこなすが小器用なところがあった」というものであり「本人のためを思い必要以上に厳しく指導していた」と語っている。山崎本人も「よく怒られていたので、目立たないように隅っこの方にいた」と話している。

初めてお金をもらった仕事は1996年テレビアニメ『るろうに剣心』の斬られ役、ドラマデビューの作品は1997年『白線流しスペシャル 〜19の春』の劇団員役だった。

役者を始めてからしばらく全く売れず、26歳のときに大学の先輩とお笑いコンビを組み、ラ・ママのネタ見せに参加していたこともあった。本人曰く、29歳頃から役者1本で飯を食えるようになったという。

明石家さんま主演舞台『七人ぐらいの兵士』のアンダースタディー(稽古代役)のアルバイトをきっかけにキューブのマネジメントを受けるようになる。

八嶋智人の結婚二次会での司会のグダグダぶりが、たまたま居合わせたドラマプロデューサーの目にとまり、ドラマ『天体観測』の出演が決まる。そのオーディション合格の連絡を中目黒ウッディーシアターで受けて、トイレで号泣したとのこと。連続ドラマのレギュラー出演はこの作品が初めてであった。

私生活では、2005年の『着信アリ』(テレビ朝日系)などでの共演を通じて10年以上前に知り合い、2015年春に共通の友人の紹介で再会し連絡先を交換して交際へと発展した女優の吉井怜と、1年間の交際期間を経て2016年11月11日に婚姻届を提出し結婚。同日に自身のブログで発表した。プロポーズの言葉は「結婚しちゃう?」だった。

人物

  • 40歳を過ぎても居酒屋などで年齢確認を求められてしまうほどの童顔であり、周囲からはよく「浪人生みたいだね」と言われる事もあるという(実際に山崎自身、大学入学前に1度浪人経験がある)。他に身体的特徴として「目の細さ」を挙げており、本人曰く遠くを見て目を細める芝居をすると、目を瞑っているようにしか見えなかったりするとの事。
  • 自身のエッセイ本では(自身の)存在感や華のなさも自虐的に取り上げており、「ずっとロケバスの中にいるのに何度もバスの中を見渡していたスタッフに気づかれなかった」「ドラマの撮影中、カメラの前にずっと立っていたのにも拘わらずスタッフから気づかれなかった(なお、この時山崎は警察官の格好をしていた)」などといったエピソードが存在する。
  • 上記の顔立ちとは裏腹に酒や煙草、また競艇や競馬などといったギャンブルを好む一面を持つ。
  • 「ハードカバーは基本買わない」「好きな作家さんの本でも文庫になるまで待つ」と公言するほどの文庫本派である。
  • 尊敬する俳優は吉岡秀隆で、『Dr.コトー診療所』のロケ先で吉岡と飲みに行き、吉岡から「三上先生の役は山崎君で本当によかった」と言われ大感激した。
  • 役者業のみならず、バラエティ、ラジオ、アニメなどと多岐にわたって活動している。2000年代後半頃からは、主にTV出演で活動の場を広げているため、所属劇団「カムカムミニキーナ」の出演を休んでいる。劇団を離れての活動を武者修行と言っており、いつかは帰ってまたみんなで芝居をすると発言している。
バラエティ
  • 『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)によく出演する。なお同番組の初出演は2005年9月30日放送の『あなたの姓名の一番正しい伝え方教えます!』の回で、「山崎樹範」という姓名は確実に名前負けをすると診断された。また、バラエティー番組がまだよくわかっていない時にタモリから「そんなに頑張らなくて良いよ」とアドバイスされ、すごく楽になれたと語っている。また、2012年から2021年NHK BSプレミアムの『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』において、MCを担当していた。
ラジオ
  • 自身のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』で、やましげ校長としてメインパーソナリティーを務めていた。そのため、『SCHOOL OF LOCK!』のリスナーからはやましげ校長やましげ校長と呼ばれている。また自分でラジオ番組を聞くことも好きであり、『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)にネタを投稿し採用された経験を持つ。山崎自身も爆笑問題カーボーイに出演することがあるが、爆笑問題カーボーイは火曜の夜に収録のため、『SCHOOL OF LOCK!』とバッティングする関係で、出演は生放送の時に限られていた。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。